ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2021年04月19日

アメリカの資金の流れに見る、政治的意図・戦略

メールマガジン版オルタナティブ通信、14号。

「プーチンによるコントロールから脱出するロシア軍事産業」

「偽善民主主義を超えて」

「アメリカの資金の流れに見る、政治的意図・戦略」

「ウサマ・ビン・ラディンの顧問弁護士からのメッセージ」

「米軍諜報部による、市民運動の破壊工作」

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 14:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月18日

アメリカ大統領の最高軍事ブレーン

メールマガジン版オルタナティブ通信、15号。

「食品卸売り業者の息子として生まれ、スーパーマーケットで人生を終わるアメリカ大統領の最高軍事ブレーン」

「毎日、夫に殴られても妻は黙って夫に従え?」

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 11:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月17日

自衛隊による北朝鮮攻撃計画

メールマガジン版オルタナティブ通信、16号。

「英国王室のチェスの駒達」

「世界を本当に支配する者達」

「自衛隊による北朝鮮攻撃計画」

「日本社会は巨大な、アウシュビッツの強制収容所」

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 16:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月16日

北朝鮮の核ミサイル技術は、どこからきたのか

メールマガジン版オルタナティブ通信、17号。

「北朝鮮の核ミサイル技術は、どこからきたのか」

「税金で雇われた、ストーカー集団」

「ヘンリー・キッシンジャーの見据える未来?」

「ヨーロッパ最古の旅行代理店の窓口で笑顔を振り撒くロシアのプーチン」

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 17:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイズウィルスの「源流」

1. 1978年、米国メリーランド州の国立衛生研究所伝染病予防本部は、ゲイの男性1000名に対し「ゲイの男性は肝炎にかかりやすい」として「無料」でB型肝炎ワクチンの注射を実施した。6年後にはその男性の64%がエイズを発症している。



2. 「エイズ・ウィルスは白人よりも黒人に感染しやすい性質を持っている。」米国NSC国家安全保障会議.議事録1978年ファイルNO46。


大統領直属の「軍事問題」の専門会議で、なぜエイズの殺傷力について議論が行われているのか?

しかも米国内でのエイズ大量発生がまだ報告されていない時代において、なぜエイズ・ウィルスが「黒人を死なせる効果がある」と「軍事問題として」議論されているのか?



3. 1978年、メリーランド州フォートデトリック陸軍細菌兵器研究所で、ウィルス学者W・D・ロートンを中心に世界中からあらゆる人種の血液が集められ、エイズへの感染の確率が実験されていた。

先のNSCの会議における「エイズは黒人の方が感染しやすい」という議論は、フォートデトリックからの報告を受けて行われた。

エイズ・ウィルスは、米国政府によって開発された黒人、有色人種を大量虐殺するための生物兵器である。



4. エイズ・ウィルスは、1974年フォートデトリックで生物兵器として開発が始まり、エイズ開発のためスペシャル・オペレーション・ディヴィジョン特殊作戦部(SOD)が設けられた。

作戦名は「アルフレッド王計画」と呼ばれ、FEMAとCIA、ブッシュとアレン・ダレスCIA長官がLSDを大量に買い付けていた、スイスのサンド・ホフマン・ラ・ロシュ製薬が開発に当たった。

開発資金はブッシュ一族のハリマン銀行、ロックフェラー、ベネチアのデル・バンコ (ウォーバーグ銀行)から出ていた。



5. フォートデトリックで生物兵器として生み出されたエイズ等のレトロ・ウィルスは、1910年代からニューヨークのハリマン優生学研究所で収集、蓄積されてきた研究を引き継いで開発されたものだった。


6. 「ニューヨークにハリマン優生学研究所が発足。資金はブッシュ一族の経営するハリマン銀行、シティ・バンク頭取クリーブランド・ドッジ氏から提供された(注1)。この研究所の指導者としてはハリー・H・ラフリン博士が就任し、ブッシュ氏はドイツのカイザー・ウィルヘルム優生学研究所にも多大な寄付を行い、ハリマン優生学研究所とカイザー・ウィルヘルム優生学研究所との提携関係を作り出している。同時に国際優生学学会も発足し、この国際的な優生学の研究組織の議長には、カイザー・ウィルヘルム研究所から招かれたエルンスト・ルーディン博士が就任した。
 ハリマン氏は以下のように語った。『ポーランド等には人種的に劣ったユダヤ人が大量に住んでおり、その貧困から彼等は米国へ流入して来ようとしている。米国をこうした病原菌の感染から守らなくてはならない。』」  米国新聞ニューヨーク・ワールド紙1915年9月4日付


なお、1932年に開かれた第3回国際優生学学会で、ハリマン研究所のクラレンス・キャンベル博士は、「ドイツの指導者アドルフ・ヒトラーは当学会の指導により 人種と人口に関する包括的な政策を実行しており、賞賛すべき成果を当学会はあげている」と発言している。


ここでは、ヒトラーのユダヤ人大量虐殺は、ブッシュ、ロックフェラーのハリマン優生学研究所が「指導して」行った、と「賞賛が行われている」。

ここで国際優生学学会の議長として選出されたと記載されているエルンスト・ルーディンは、ヒトラーの人種衛生局局長として、アウシュビッツ等のユダヤ人大量虐殺の直接の「指揮を取った人物」である。

また、ここに記載されているハリマン研究所の指導者ハリー・ラフリンは1936年、ドイツ、ハイデルベルク大学で、「ヒトラーにより名誉学位」を授けられている。

ハリマンは、ここで、「人種的に劣ったユダヤ人」を、「病原菌」と呼んでいる。

このハリマン優生学研究所は、何のために天然痘、ペスト、コレラ、インフルエンザ、エイズ等々の、細菌・ウィルスの研究・蓄積を行ってきたのか?

ハリマン優生学研究所は、「劣った人種を殺害する事を、標準優生殺菌法」と呼んでいる。病原菌である劣った人種を殺害する事を「殺菌消毒」と表現している。この「殺菌消毒」の目的で、天然痘、ペスト、コレラ、インフルエンザ、エイズ等々の生物兵器の研究が行われていた。

このハリマン優生学研究所の研究をアメリカの「国策」として引き継いだのが、フォートデトリック陸軍細菌兵器研究所、FEMA、CIAによる「アルフレッド王計画」である。



7. 「マウスをエイズ感染させマウスの持つ他のウィルスと結合させる事で、これまでのエイズ・ウィルスのように潜伏期間が長くなく、即座に発病し増殖力が強く毒性も強い、そして空気感染する新型のエイズ・ウィルスの開発は既に完了している。」エイズ・ウィルス共同発見者ロバート・ギャロ博士の発言。  「サイエンス」誌1990年2月号。


ここでは、ハリマン研究所の「蓄積してきた」天然痘、ペスト、コレラ、インフルエンザ、エイズ等々に、「他の動物の持つウィルスを結合させる」事で、人間に対し、より殺傷力の強いウィルス開発が行われている事が語られている。2009年、「他の動物=豚、鶏の持つインフルエンザ・ウィルス」が、人間に対し、より殺傷力の強いインフルエンザ・ウィルスとして流布し始めているのは「何故なのか?」


※注1・・・このクリーブランド・ドッジは第二次大戦後、日米安保条約を結び、日本に米軍を常駐させる事を決め、日本を中国、ソ連、北朝鮮に対する防波堤とし、そのための軍事力、経済力を日本に「付けさせる」事を決めた経済政策、いわゆる「ドッジ・ライン」政策の制作者である。
posted by 00 at 17:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月15日

イルミナティ陰謀論のデマを暴く

メールマガジン版オルタナティブ通信、18号。

「敵対相手を窓から突き落とした、企業乗っ取り屋」

「イルミナティ陰謀論のデマを暴く」

「本当は、無かったはずの、広島・長崎への原爆投下」

「国家による年金を受給する者は税金を浪費する犯罪者であり、刑務所に入れ、年金分、罰則として強制労働を行わせよ?」

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月14日

中国軍・最精鋭部隊が北朝鮮制圧の準備

メールマガジン版オルタナティブ通信、19号。

「マルボロ、セーラム、キャメルのタバコ会社を経営する麻薬マフィアが、アメリカ大統領の資金源」

「中国軍・最精鋭部隊が北朝鮮制圧の準備」

「地球環境保護は世界帝国建設の合言葉」

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 16:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月13日

国際通貨ドル体制を創った、ロシアKGBのスパイ

メールマガジン版オルタナティブ通信、20号。

「なぜロシアはエネルギー大国となったのか?」

「国際通貨ドル体制を創った、ロシアKGBのスパイ」

「環境保護問題のの背後で動く戦争商売人一族」

「インターポール=国際刑事警察機構は、ナチス組織」

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月12日

ペットボトル入りの水は、防腐剤と大量のカビで汚染されている

メールマガジン版オルタナティブ通信、21号。

「ペットボトル入りの水は、防腐剤と大量のカビで汚染されている」

「日本の水道ビジネスを乗っ取るギャンブル・ファンド」

「CIAのスパイ拷問所の記録」

「ラスベガスのギャンブラー=アメリカ大統領」

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月11日

野党結集を目指す小沢一郎の恩師

メールマガジン版オルタナティブ通信、22号。

「アフガニスタンで戦争を展開する、アフガニスタン特別大使の出自」

「女性は検問所の係官に強姦されるという通行料を支払わなければ、この道路は通れない」

「妊婦の腹を銃で撃ち、楽しんでいた人殺しが、アメリカ国務長官の尽力で、罪に問われず楽しい人生を送っている」

「野党結集を目指す小沢一郎の恩師」

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 16:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする