ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2024年03月22日

日本国内での、テロに動き出すアルカイダ

メールマガジン版オルタナティブ通信

「日本と中国との間での、戦争を画策し始めたホワイトハウス」

「日本国内での、テロに動き出すアルカイダ」

「日経平均株価の高騰は、本当は、ウクライナ戦争が作り出している」

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 18:17 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月19日

日本の支配者の正体

メールマガジン版オルタナティブ通信より

 北朝鮮・中国の「脅威」に対抗し、日本防衛省・自衛隊は大量の兵器をアメリカ軍事産業から購入し始めている。

具体的にはアメリカ軍事産業の「元締め・ボス」である、銀行ディロン・リードが兵器商社として自衛隊に兵器を納入している。

ディロン・リードは、「日本兵器工業会」という組織を作り、そこを「通してしか」自衛隊が兵器を購入できないようになっている。

アメリカ軍事産業から1丁10万円で購入されたピストルは、ディロン・リードを「通じて」、1丁15万円で自衛隊・日本の警察組織に販売されている。

差額の5万円は、ディロン・リードが「中抜き・ピンハネ」し、自分のフトコロに入れている。

F15戦闘機、トマホーク・ミサイル等、全ての兵器について、このピンハネが行われている。

かつて日米安保条約を「作成」し、日本に米軍を常駐させる事を決定し、自衛隊を創設させた、ジェームズ・フォレスタル国防長官は、このディロン・リードの社長であった。

米軍がアメリカ本土を守るためだけでなく、日本を拠点にアジア極東に軍事力を展開するには、在日米軍が大量の兵器を、ディロン・リードを通じ購入する必要があった。

自衛隊が創設されれば、自衛隊は当然、ディロン・リードから大量の兵器を購入する事になる。

自衛隊、日米安保条約は、このディロン・リードの「私的利益」のために創設された。

かつて、日本の自動車が大量にアメリカに輸出され、アメリカが多額の対日貿易赤字を背負った際には、アメリカのマスコミによる「日本車タタキ」が、過激に展開された。

CBS・TVなどでは、アメリカ人が日本車をハンマーで叩き壊すシーンが、連日、流された。

このCBS・TVの社長が、ディロン・リードの社長を兼任していた、ウィリアム・ペリー(後の国防長官)であった。

そこには、「日本は敵国で、日本からは多額の金を吸い上げる、日本にはアメリカからは1セントも手渡さない」という姿勢が明確に現れていた。

このウィリアム・ペリーは、徳川幕府の幕末、日本に砲撃を加え、開国を迫った黒船ペリーの一族であった。

幕末から、2024年現在の岸田政権によるアメリカ製兵器の大量購入まで、「一貫」して、同一一族の同一企業が、日本を支配している。

NHK、日本テレビの創立の際、ディロン・リード=CBSが、「どのように関与=仲介・ピンハネ・支配」を行ってきたか、日本のマスコミが支配を受けてきたかの詳細は、メールマガジンにて。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 18:09 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月17日

回転すしで寿司を食べると、支払った代金の大部分が暴力団=北朝鮮に「流れる」仕組み

メールマガジン版オルタナティブ通信

回転すしで寿司を食べると、支払った代金の大部分が暴力団に「流れる」仕組み。

その資金が、暴力団から北朝鮮に支払われ、日本を攻撃する核ミサイル開発に使われている「仕組み」。

関係者実名、詳細はメールマガジンで。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 16:48 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月15日

コロナ・ウィルスを「作った」会社は、NHK、日本テレビを「作った」会社と同一

メールマガジン版オルタナティブ通信より

「全人類を絶滅させようとしている、英国王室と、アメリカの医療組織の実態」


 生物兵器を開発する会社は、あくまで生物兵器で敵軍を殺害する事が目的であり、その生物兵器で病気が発症しないようにするワクチン製造も、生物兵器開発と、「同時に」、行う。

そうしなければ、その生物兵器によって、味方の軍人達までが発症し死んでしまう事になる。味方の兵士に「だけは」、事前にワクチンが打たれている。

つまり、ワクチン製造企業は、生物兵器の製造企業そのものである。

コロナの場合のように、疫病が拡大し始めると、「まるで、あらかじめ準備されていたかのように」、即座にワクチンが販売され始めるのは、新しい疫病=生物兵器を製造した企業自身が、その疫病の病原体の分子構造を自分で作ったため、一番、良く知っており、「当然」、いち早く、その分子構造を破壊するワクチンの製造ができるためである。

コロナのような疫病を「作り出している犯人は」、疫病を防止するワクチン製造会社そのものである。

こうして***社のように、製薬会社、生物兵器会社、ワクチン製造会社が、「同一」企業である点には注意を要する。

この***は核ミサイルを製造し、米軍に納入している「全人類を絶滅させようとしている」企業でもある。

この***社は、英国王室の出資によって創立され、日本のNHK、日本テレビの経営に「深く関与」している。

そのNHK、日本テレビへの「関与」のしかた、***社の実名、会社創立の経緯、英国王室との関係の詳細はメールマガジンにて。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 18:44 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月13日

プーチン=ホワイトハウス、ウクライナ戦争の正体

メールマガジン版オルタナティブ通信

「パレスチナ戦争=死者の臓器摘出ビジネス」


「暴力団に仕事を与え、給与を支払っているのは警察組織」


「全人類を絶滅させようとしている、英国王室と、アメリカの医療組織の実態」


「アメリカ海軍の情報将校=スパイ担当官による、日本への警告」


「プーチン=ホワイトハウス、ウクライナ戦争の正体」


「あらゆる戦争の元凶は、英国貴族と英国国王である」

詳細はメールマガジンで。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 19:55 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月10日

パレスチナ戦争での死者達は、なぜ、皆、内臓を抜き取られているのか

メールマガジン版オルタナティブ通信

パレスチナ戦争での死者達は、なぜ、皆、内臓を抜き取られているのか。

パレスチナ戦争を画策した者達と、臓器密売=人身売買の実態。

詳細はメールマガジンで。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:43 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月03日

ロシアとの戦争=ウクライナ戦争を、アオル、CIAの陰謀工作

メールマガジン版オルタナティブ通信より

 ロシアのプーチン政権を批判し続けてきた政治活動家=アレクセイ・ナワリヌイが、2月16日、酷寒の地=北極圏ヤマノにある刑務所内で、まだ47歳の若さでありながら、死亡した。

プーチンによる暗殺ではないかとの推測が飛び交い、プーチンへの非難が噴出している。

ナワリヌイの死は、プーチンへの非難を拡大させ、ウクライナ戦争でのロシアの立場を悪化させ=ウクライナの立場を強化し、日本等によるウクライナへの軍事支援=アメリカ軍事産業によるウクライナへの兵器大量販売の、「カッコウ」の口実を与えるコマーシャル活動になっている。


 例え話から始めると、もしも日本の自民党への的確な批判を繰り返している政治家Aが、ナワリヌイのように政権与党=自民党・政府によって「国家反逆罪」で逮捕され、懲役77年の刑を科されたとしたら、日本国民は、どう思うであろうか。

「日本には、政府を批判する言論の自由=民主主義が存在していない、自民党を批判する者は刑務所に入れられる=日本は自民党による独裁国家である」と大部分の日本人は思うであろう。

そして、Aが獄中で死亡すれば、日本国民は「Aは自民党を批判したため獄中で暗殺された、真冬の寒い時期に暖房の無い牢屋で心身を痛めつけられ、死に追いやられた、体調を崩しても医者に診てもらえず=冷酷な扱いを受け、あるいは毒殺された」と考えるであろう。

そうなれば、日本国民の心は自民党から離れ、次回の選挙では自民党への投票を行わなくなり、結果的に自民党は政権を失う。

自民党は自己の政権を維持するためには、Aを逮捕したり、獄中で死亡させたりは決してしない事になる。

つまり、Aが逮捕され獄中に入り、獄死した背後には、自民党への批判を許さない=自民党の政権維持が目的ではない、「別の理由」が存在する事になる。

以上の、自民党をプーチンに置き換え、Aをナワリヌイに置き換えれば、今回の事件の深層が見えてくる。

プーチンが、ナワリヌイを獄中に入れ、死に追い込んだとすれば、そこにはプーチンの政権維持=自己保身「以外」の、何かが存在している事になる。

ナワリヌイを殺す事は、プーチンにとって「不利益」以外の何ものでも無く、次回の選挙でのプーチンの得票を恐ろしく減少させる結果しか招かない。

 例え話を続けたい。Aが獄中で死亡した事は、Aの妻にとって、民主主義のために戦い続けた偉大な夫=愛する夫を殺された事になり、妻は悲嘆し泣き崩れ、涙を流し続けた結果、眼はパンパンにハレ上がり、悲壮な表情になる。

しかし、実際には、Aの死亡後、「ワズカ」2時間で、Aの妻はテレビに出演し、泣き続けた結果、眼がハレ上がったようすもなく、時間をかけて化粧を行い=夫の死亡直後の1時間後に悲嘆する事も無く冷静に入念な化粧を行い、ハレバレとした表情でテレビに姿を現し、インタビューを受け、自民党批判を展開し始めた。

夫の死をイタミ、「喪に服する」のであれば黒か灰色の衣裳を身に付け、あるいは公式の場で使用する紺色の衣装を身に付ける「はずである」が、Aの妻は、「なぜか」、ハデなスカイブルーの鮮やかな色のスーツを着て、テレビで語り始める。

しかも、そのインタビューの相手は、日本政府を敵視している北朝鮮の金正恩であった。

日本国民は思うであろう。なぜ、ここで金正恩が出てくるのか。

Aと金正恩は、「何か、関係があるのか」。

金正恩とAの妻は、Aの死亡直後であるにも関わらず、「笑顔で語り合い」、日本政府への批判を激しくマクシ立て、「100%の意見の一致をみる」。

そして、金正恩は、Aの妻に向かい、「今後は、あなたが夫に代わり、日本政府への批判=自民党政権の打倒に尽力してもらいたい、北朝鮮は、あなたを全面的に支持し、支援する」と断言し、番組は放送を終了する。

日本国民は思うであろう。Aとは一体何者であったのか、Aは北朝鮮の代理人として日本政府崩壊のため、自民党批判を繰り返してきたのか。Aが日本政府を的確に批判する際に使用してきた的確な情報源は、北朝鮮のスパイ組織ではなかったのか。

Aの家族と、金正恩は、「なぜ、これ程、仲が良く、意見の100%の一致をみているのか」。

以上の、Aをナワリヌイに置き換え、日本の敵国=北朝鮮・金正恩を、ロシアの敵国=アメリカ・その副大統領のカマラ・ハリスに置き換えると、事態の深層が見えてくる。

ナワリヌイの死後2時間で、ナワリヌイの妻はテレビに出演し、泣きはらした眼もせず、スカイブルーの「鮮やかな」スーツを着、ロシアの敵国=アメリカの副大統領のカマラ・ハリスとの「笑顔での、単独インタビュー」を行い、カマラ・ハリスと「共に」、プーチンへの壮絶な非難を繰り返し、

カマラ・ハリスは、今後「も」、あなたの夫の遺志を引き継ぎプーチン打倒の政治活動を行う、妻の、あなたにアメリカ政府は全面的な支援を行う、と断言し、テレビ放送は終了している。

ナワリヌイの死後2時間で、多忙なはずのアメリカ副大統領のカマラ・ハリスが、ナワリヌイの妻への単独インタビューをテレビで行うなど、あまりにも「段取りが、でき過ぎている」。

あらかじめ、数か月前から準備しておかなければ、カマラ・ハリスが自分のスケジュールを空け、ナワリヌイの妻の元に「飛んできて」、単独インタビューをテレビ放送するなど、不可能である。

(続きは、メールマガジンにて)

詳細、お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 16:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月02日

裏金問題で自民党・元幹事長=甘利明が、叩かれている本当の理由、東京地検=CIAは、なぜ甘利を目のカタキにするのか

メールマガジン版オルタナティブ通信

「敏腕ビジネスマン=金正恩」


「ワイロを受け取り、「裏金」を作っている事は、政治家として人間として、最も貴い、立派な行為である」


「パレスチナ戦争の、本当の原因」


「日本経済の崩壊を目指す、会社乗っ取り屋達の正体(1)=みずほ銀行が直面させられる、経営危機」


「日本経済の崩壊を目指す、会社乗っ取り屋達の正体(2)=東芝崩壊の、原因」


「裏金問題で自民党・元幹事長=甘利明が、叩かれている本当の理由、東京地検=CIAは、なぜ甘利を目のカタキにするのか」


「原子力発電所=核兵器ビジネスで、暗躍する売人達」

詳細はメールマガジンで。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 13:56 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月29日

ヤラセ戦争である、ウクライナ戦争の実態が、国連の調査によって明らかになり始めた

メールマガジン版オルタナティブ通信

「日本のマスコミは、ロシアについて、ここまでウソを報道して良いのだろうか」


「ヤラセ戦争である、ウクライナ戦争の実態が、国連の調査によって明らかになり始めた」


「外務省=CIA」


「ホワイトハウス=ロシアのプーチン」


「ホワイトハウスは、ドロボウの集団なのか」


「日本 VS 中国、という対立図式そのものが、ウソ宣伝=プロパガンダである」


「ウクライナ戦争に影を落とす、ロシア・ウクライナでの、マフィアの世代交代」


「日本の暴力団の、最大資金源」

詳細はメールマガジンで。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:57 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月27日

日本のマスコミ=CIA

メールマガジン版オルタナティブ通信

NHK、フジテレビの本社ビル内に、米国籍のメディア会社が、テナントとして「家賃無料」で入り、

アメリカ人の社員が100人、そこで働いているが、

その会社の創立資金が、全額、CIAから出ているのは、なぜなのか?

会社名の実名等、詳細はメールマガジンで。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 18:36 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする