ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2022年08月30日

誰も語らない、安倍・元首相、殺害の真相=統一教会など関係がない

メールマガジン版オルタナティブ通信、最新号。

「誰も語らない、安倍・元首相、殺害の真相=統一教会など関係がない」

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:07 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月29日

安倍・元首相、射殺の深層

メールマガジン版オルタナティブ通信、426号。

安倍・元首相、射殺には、某国のスパイ・諜報組織が関与している。

それをマスコミは、「統一教会」問題に、ズラシ、問題点を見えなくさせている。

悪質なマスコミの、情報操作。

暗殺の真相と、暗殺を起こした人物達の実名。

「安倍・元首相、射殺の深層」

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 12:55 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国に対抗し、防衛予算の増額を行う日本政府の誤り

中国に軍事力で対抗するためには、いったい日本の防衛予算が、どれほど必要になると考えているのか。

消費税を100%にしても、足りない。

軍事力・戦争に依存せず、国防・国益を計る手段は、いくらでもあり、「知恵の無い人間達には、軍事力と言う暴力しか思い浮かばない」、つまり頭の単純な白痴である。
posted by 00 at 12:52 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月28日

ウィンドウズ=マイクロソフト社のビル・ゲイツと、マフィアとの「関係」

メールマガジン版オルタナティブ通信

ウィンドウズで世界を支配下に置いた、マイクロソフト社のビル・ゲイツ。

ビル・ゲイツは、その会社の創業資金を「誰から得ていたのか」。

ビル・ゲイツと、アメリカン・マフィアの「関係」。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 11:53 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

演出し、作り出された、中国 VS 台湾の戦争の構図

メールマガジン版オルタナティブ通信

 1976年10月、アメリカ政府は、核ミサイル誘導に使用するコントロールデータ社のサイバー72型コンピューターを中国に輸出。

日本本土に、中国製核ミサイルを「正確に命中させる」、ミサイル誘導装置は、アメリカ政府によって中国に「与えられ」、その後、アメリカ・コンピューター業界によって、延々と「バージョン・アップ」させられる歴史が、ここに始まる。

「同時に」、アメリカ政府は、中国の軍事力に脅える台湾に対し、F4ファントム戦闘機の大量販売を開始する。

中国と台湾が、戦争により殺し合いを行い、死ぬのは「アジア人」、兵器販売で金モウケするのはアメリカ政府とアメリカ軍事産業、と言う「典型的な構図」が、ここに開始される。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 11:52 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月27日

中国の軍事的脅威を「作り出してきた」のは、米国自身であった

メールマガジン版オルタナティブ通信

1975年10月、フォード大統領が中国を訪問。米国はF4ファントム戦闘機のエンジンを、中国に輸出する事を決定。この「技術」が近年まで、中国空軍の戦闘力の中核を占める事になる。

中国の軍事的脅威を「作り出してきた」のは、米国自身であった。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 13:31 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカは、なぜ世界を支配できる、巨大帝国となれたのか

メールマガジン版オルタナティブ通信

アメリカは、なぜ世界を支配できる、巨大帝国となれたのか。

その世界支配の資金源=錬金術と、世界支配戦略。

壮大な人脈の全貌を、実名で明らかにする。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 12:25 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月25日

世界の金融秩序=我々が生きている現実世界は、マフィアによって隠然と支配されている

メールマガジン版オルタナティブ通信

IMF・国際通貨基金、世界銀行は、あるマフィア組織によって創立されていた。

世界の金融秩序=我々が生きている現実世界は、マフィアによって隠然と支配されている。

詳細は、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 18:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカ歴代大統領達が、マフィアの「部下」であった真実

メールマガジン版オルタナティブ通信、最新号。

アメリカ歴代大統領達が、マフィアの「部下」であった真実。

その証拠、人脈、金脈を実名で公表。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 18:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月23日

中国に、アメリカ軍事産業の兵器を売った功績を持つ者が、大統領になる資格を持つ

 1971年以前、米国と中国に「国交が樹立されていない」状況下で、

当時、北京アメリカ連絡事務所(後の大使館)の所長であった父ジョージ・ブッシュ大統領は、米国軍事産業の製造した兵器を、中国共産党政府に販売する「ビジネス」を行っていた。

「ビジネス」の相手は、ケ小平であり、兵器販売の代金は中国産の原油で支払われていた。

ケ小平は、この「ビジネス」で手に入れて資金を使い、中国共産党のトップの地位にまで出世し、中国の支配者となる。

そして父ブッシュは、米国軍事産業の「兵器販売を増進した功績」によって、後に米国軍事産業の絶大なバックアップを受け、大統領となる。

「中国に、アメリカ軍事産業の兵器を売った功績を持つ者が、大統領になる資格を持つ」。

詳細は、以下にメールマガジンにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 13:34 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暗殺された安倍・元首相と、その祖父・岸信介首相の、麻薬ビジネス=政治資金源

メールマガジン版オルタナティブ通信、最新号。

暗殺された安倍・元首相と、その祖父・岸信介首相の、麻薬ビジネス=政治資金源。

この麻薬ビジネスの「ナワバリ争い」と安倍・元首相の暗殺との「関係」。

統一教会・問題に「問題点を、ズラシ」、ゴマカソウとする、日本のマスコミ。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 13:25 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月22日

安倍・元首相は、なぜ殺されたのか・・・その出生の秘密

メールマガジン版オルタナティブ通信、最新号。

「今夏、節電を勧める、日本政府の背後に居る、核ミサイル・マフィア達」

「安倍・元首相は、なぜ殺されたのか・・・その出生の秘密」

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 12:43 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「武器の密輸売人」が、ホワイトハウスを支配する、という「慣例」

イラクに「生物兵器を販売」する会社を経営していた、ラムズフェルド国防長官(子ブッシュ政権)は、自分で生物兵器を売っておきながら、「イラクが生物兵器を持っているのは、ケシカラン」として、イラク戦争を開始した。

さらに、ラムズフェルドは中国へも生物兵器を販売していた。

このラムズフェルドと「共に」、中国への兵器輸出を「謀った」、ブレント・スコウクロフトは、オバマ民主党政権の「最高軍事問題ブレーン」となっている。

このオバマ政権で副大統領であったバイデンが、2022年現在のバイデン大統領であり、オバマ政権の「政策」を継承している。

「武器の密輸売人」が、ホワイトハウスを支配する、という「慣例」である。
posted by 00 at 12:42 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月21日

これが戦争というものの、「本当の、カラクリ」

イラク戦争では、ラムズフェルド国防長官(子ブッシュ政権)は、「イラクが、生物・化学兵器を持っているのは、ケシカラン」として、戦争を開始した。

しかしイラクに生物・化学兵器を「売った」のは米国企業GD・サール社であり、その会社の社長がラムズフェルド本人であった。

米国は自分でイラクに生物兵器を売り、「イラクが、生物兵器を持っているのは、ケシカラン」として、戦争を開始した。

これが戦争というものの、「本当の、カラクリ」である。

詳細お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 13:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日米安保条約で、米軍は日本を守らない

メールマガジン版オルタナティブ通信、最新号。

「ウクライナ戦争の、余波」

「ウクライナ戦争を引き起こした、誰も知らない、ウクライナの民族問題」

「ウクライナ戦争を、ポーランド、ウクライナのマスコミは、どう見てるか」

「ロシア軍が、ウクライナに軍事侵攻した事は、国際的に見て正しい、常識的な行為である」

「冷静に考えてみれば、ロシアが日本に北方領土を返還するはずはない」

「日米安保条約で、米軍は日本を守らない」

「米国 VS 中国の、新冷戦の開始」

「ロシアン・マフィアの、汚いビジネス」

「日本外務省、経産省の無能」

「日本の電通と、中国政府の国家プロジェクトと、ビットコイン」

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 12:51 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月20日

中国の軍事的脅威は、米国自身が「作り出し」ていた

 1975、米国フォード政権の大統領首席補佐官ドナルド・ラムズフェルド(子ブッシュ政権で、イラク戦争を始めた国防長官)は、中国との国交回復、貿易再開=中国への軍事技術の提供を「決定」した。

こうして中国の軍事的脅威は、米国自身が「作り出し」ていた。
posted by 00 at 12:02 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の人材派遣業・パソナ社のような会社が、中国共産党と結び付き、ビットコインを「影」で運営し、相場・価格を操作している

メールマガジン版オルタナティブ通信、最新号。

日本の人材派遣業・パソナ社のような会社が、中国共産党と結び付き、ビットコインを「影」で運営し、相場・価格を操作している。

その「狙い」は、何なのか。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 11:52 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月19日

中国に核ミサイル技術、軍事兵器を大量に販売してきたのは、アメリカ自身である

メールマガジン版オルタナティブ通信

中国に核ミサイル技術、軍事兵器を大量に販売してきたのは、アメリカ自身である。

中国の脅威を自分で作り出しておいて、2022年、中国の脅威に対抗するため、米国は軍備増強を行い、日本にも米国製兵器を大量に購入するよう「命令」している。

その証拠の数々。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 11:53 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の「圧力」によって、日本の主力・輸出品である自動車を、トヨタ自動車、日産が製造できなくなる日は、近い

メールマガジン版オルタナティブ通信、最新号。

中国の「圧力」によって、日本の主力・輸出品である自動車を、トヨタ自動車、日産が製造できなくなる日は、近い。

「日本外務省、経産省の無能」

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 11:45 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月18日

暗号通貨は、「ある国」の世界経済・支配の戦略のために「作り出されていた」

メールマガジン版オルタナティブ通信

暗号通貨は、「ある国」の世界経済・支配の戦略のために「作り出されていた」。

次世代の国際通貨となる、暗号通貨の「闇」。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 11:05 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする