ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2023年10月07日

統一教会は単なる宗教団体では全くない

自民党を陰で操る、統一教会(旧)とは何者なのか。

統一教会は単なる宗教団体では全くない。

そのテロ組織の実態。

*・・・詳細はメールマガジンにて(有料)。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 18:52 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月05日

日本人をターゲットにしている、テロ組織に資金援助する岸田首相

メールマガジン版オルタナティブ通信、最新号。

外国に資金援助=金をバラマキ続ける岸田首相。

岸田は、日本人をターゲットにしているテロ組織にも金をバラまいている。

そのスサマジイ実態。

*・・・以上はメールマガジンの、ごく一部です。詳細はメールマガジンにて(有料)。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 17:06 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月03日

なぜ日本が、ウクライナ戦争の費用を支払わなければならないのか?

ウクライナ戦争で、ウクライナが大量に欧米の軍事産業から兵器を購入した代金を、

貧しいウクライナが支払えないため、

「日本が肩代わりし」支払う、保証人に「ならされてしまった」。

なぜ日本が、他国の戦争の費用を支払わなければならないのか?

欧米諸国の日本に対する「圧力」の実態、

日本版CIA・国家安全保障局の局長=秋葉剛男と、欧米諸国との「し烈」なバトルの実態。

詳細はメールマガジンで、

お申し込みは以下にメールにて(有料)。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 18:06 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月30日

日本のマスコミは、北朝鮮からミサイルは飛んできたと、ウソの報道を繰り返している

メールマガジン版オルタナティブ通信

自衛隊員は、北朝鮮からミサイルが飛んできたという警戒態勢を取る命令を受けていない、と語っているにも関わらず、

日本のマスコミは、北朝鮮からミサイルは飛んできたと、ウソの報道を繰り返している。

このウソ報道の、「真の目的」は何なのか?

*・・・以上はメールマガジンの、ごく一部です。詳細はメールマガジンにて。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 18:54 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月28日

北朝鮮に核ミサイル開発資金を送金する、自民党議員

メールマガジン版オルタナティブ通信

自民党国会議員**は在日の北朝鮮企業から資金を集め、北朝鮮に核ミサイル開発資金を送金している。

送金のための会合は毎月、千代田区の**で開かれ、送金担当は**銀行、

違法送金を合法に見せかけるテクニックは、アドヴァイザー=著名な経済評論家の**が行っている。


*・・・以上はメールマガジンの、ごく一部です。**の部分はメールマガジンでは実名となっています(有料)。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 17:49 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月26日

日本の新しい外交方針は、どのような激変を行ったのか

岸田首相は外遊を繰り返し、外国に資金援助=金をバラマキ続けている。

これは実は、日本の外交方針が、これまでとは全く異なり、根本的に変わった結果である。

日本の新しい外交方針は、どのような激変を行ったのか。

詳細、お申し込みはメールマガジンにて(有料)。

お申し込みは以下に、メールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 17:34 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月23日

コロナ・ウィルスは、生物兵器テロであった

メールマガジン版オルタナティブ通信

アメリカ上院・下院議会が調査の末、コロナ・ウィルスが生物兵器テロであった事を、断定。

詳しい調査に乗り出した。

お申し込みはメールにて

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月21日

日本に脅威を与えている中国軍を「作った」のは、アメリカである

 中国軍に対潜水艦魚雷システムを売り、中国軍の所有するロシア製戦闘機のハイテク化の仕事を担当し、その改良のためのハイテク軍事工場を中国本土に建設したのは、米国である。

中国の旧式のF8型戦闘機の最新鋭化の仕事を担当しているのも米国である。

3基の、軍事通信衛星を、中国軍に販売したのも米国である。

もちろん、ロシア政府が、中国にミグ31戦闘機とSU27戦闘機、ディーゼル発電潜水艦を売り、ウクライナが航空母艦を中国に売った時も、米国は何も抗議しなかった。

米国はロシア・ウクライナの軍事産業に「負けないように」、アワテテ米国製の大量の自走迫撃砲を中国に売っただけである。

「ロシアから戦闘機を買い、ウクライナから空母を買った事には文句を言わないので、引き換えに、アメリカの迫撃砲を大量に買って欲しい」と言う事である。

そして、「北朝鮮だけではなく、中国の核ミサイルが大量に日本に向かって準備されている」として、アメリカはMDミサイル防衛システム、迎撃ミサイルを大量に日本に「販売している」。

中国の核ミサイルの「日本本土への誘導を行っているのは」、アメリカが中国に売った、軍事通信衛星である事は、「無かった事になっている」。

また、中国の軍事的脅威に恐怖したインドに、軍事技術と核ミサイル技術を売っているのも、米国である。

アジアに、軍事紛争が起こり、核ミサイル戦争が起こっても、「それはアメリカの、知った事ではない」。死ぬのは、アジア人であり、アメリカ人ではない。日本に兵器を売った米国は大モウケである。


*・・・以上はメールマガジンの、ごく一部です。

お申し込みは、以下にメールにて(有料)。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:25 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月19日

日本産食品の全面輸入禁止を行った中国の、「真意」は原発汚染水問題ではなかった

メールマガジン版オルタナティブ通信、最新号。

日本が原発の汚染水を海洋投棄した事で、中国は日本産食品の全面輸入禁止を行った。

本当は、中国の真意は汚染水問題ではなかった。

中国の過激な反応の背後に隠された、「真意」。


*・・・詳細はメールマガジンで(有料)。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 16:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月17日

国内が2分され、アメリカ人同士が、殺し合いを始めた

テキサス州など各州が、USAからの独立運動を展開し始めている。

戦車、携帯ミサイルを装備した、USA対各州の独立戦争の実態。

「国内が2分され、アメリカ人同士が、殺し合いを始めた」

*・・・詳細はメールマガジンで(有料)。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 16:32 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月14日

手の指が10本無い=指が2、3本、腐り「脱落」している一般市民の多発

メールマガジン版オルタナティブ通信、最新号。

マスコミが絶対に報道しない、アメリカの主要都市で起こっている激変。

手の指が10本無い=指が2、3本、腐り「脱落」している一般市民の多発。

コロナに続く、奇病の多発?

「アメリカ合衆国は、既に崩壊している」

*・・・詳細はメールマガジンにて(有料)。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 18:37 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月10日

犯罪ハッカー集団 VS 米軍サイバー部隊

「日本人の銀行預金が、ハッカーに盗み取られないために」

犯罪組織のハッカー集団に、米軍のサイバー部隊が「敗北」し、米軍施設のウィルス感染「解除」のため、身代金を支払った経緯。

*・・・詳細はメールマガジンにて(有料)。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp

posted by 00 at 17:32 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月08日

日本の福島原発事故・汚染水の海洋放出への、中国の反撃、その背後で動いているもの

メールマガジン版オルタナティブ通信、最新号。

「日本の福島原発事故・汚染水の海洋放出への、中国の反撃、その背後で動いているもの」

中国が日本産食品の輸入停止を行ったのは、原発事故の汚染水の海洋放出が原因ではなかった。

中国の「真意」は、どこにあったのか。

*・・・詳細は、メールマガジンにて(有料)。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:44 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月05日

福島原発事故の「処理水」をめぐる、中国による「日本製食品の輸入禁止」の隠れた、戦略的意図

 米国国防総省・ペンタゴンが発表した最新版とも言える「中国の軍事力・2022年版」には、「あくまで台湾をターゲットにしている」としながら、中国が近い将来、選択するであろう軍事行動を以下のように分析している。


1、中国軍サイバー部隊を使った、敵国のコンピューターネットワークへの攻撃により、軍・官僚・政府組織の指揮命令系統をカク乱し、社会に混乱を引き起こす。

2、敵国に潜入した特殊部隊による、サボタージュ扇動・デマ情報の流布によるカク乱戦術。

3、ミサイル、敵国に潜入した特殊部隊による航空基地、レーダー、通信基地への単発的攻撃の繰り返し。


 興味深いことに、ペンタゴンは中国がウクライナ、ロシアから調達した巡洋艦、旧式の航空母艦、新規に建造した3隻の新型空母による本格的軍事行動を、中国共産党政府の「メンツ」に関わる台湾問題においてさえ、採用しないと分析している事である。

この分析は、おそらく正しいが、ペンタゴンは中国の軍事行動について、その戦力を「軽く」見る傾向がある。

ここには、「日本と中国との間で紛争誘発する目的で、ノーガード戦法を採用する、意図的な、無用心さ=米軍が不用心な今が、攻撃のチャンスだ」と、中国軍に判断させ、戦争を開始させる意図が明確に見て取れる。

そして中国と言う「大国」の正規軍の行動が、ほとんど、アルカイダ等の「テロ組織」の行動様式と同一の、

小規模な「カク乱、騒動」誘発になってきている事、それが軍事行動の「スタンダード」になりつつある事が分かる。

今回の福島原発事故の「処理水」をめぐる、中国による「日本製食品の輸入禁止」も、こうした対日本への心理的「カク乱」戦術の一つであり、それに激怒し、カッとなっている日本人は、見事に敵の戦略に引っかかっている。

posted by 00 at 13:21 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月01日

岸田政権の、中身のない軍事政策=防衛策に、現場・自衛隊員が怒りの告発

メールマガジン版オルタナティブ通信、最新号。


「ENEOS、コスモ石油、出光など、ガソリン会社にダマサレ、高いガソリンを買わされている日本人」


「岸田政権の、中身のない軍事政策=防衛策に、現場・自衛隊員が怒りの告発」


「アメリカ=ロシアを結ぶ、地下通路」


「911テロを起こした、テロ組織アルカイダを作ったのは、***であった」


「光ファイバーケーブルで結ばれた、時代遅れのインターネット」


「アメリカ上院・下院議会が認めた、コロナ・ウィルスを作ったテロ組織」


*・・・以上はメールマガジンのタイトルの、ごく一部です。***の部分はメールマガジンでは実名となっています(有料)。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 19:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月29日

中国の軍事的脅威は、アメリカが作った

 1975年、米国フォード政権の大統領首席補佐官ドナルド・ラムズフェルド(子ブッシュ政権で、イラク戦争を始めた国防長官)は、国家安全保障担当・大統領補佐官の、ブレント・スコウクロフトと共に中国との国交回復、貿易再開を検討、

「その貿易の中核には、軍事技術の提供」が含まれていた。

後に、ラムズフェルドは、サダム・フセインに生物・化学兵器を「売った」企業G・D・サール社の経営者となる。

ラムズフェルドは「サダム・フセインが、生物・化学兵器を持っているのは、ケシカラン」として、イラク戦争を開始する国防長官となるが、フセインに生物・化学兵器を「売った」企業G・D・サール社の経営者がラムズフェルド本人である事は、現在に至るまで、マスコミによって「無視されている」。

このラムズフェルドと「共に」、中国への兵器輸出を「謀った」、ブレント・スコウクロフトは、2010年、オバマ大統領の「最高軍事問題ブレーン」となった。

アメリカと中国に国交が無かった時代、北京アメリカ連絡事務所(後の大使館)の所長であった父ジョージ・ブッシュが、スコウクロフト、ラムズフェルドによる中国への兵器輸出の「現場指揮官」であった。

ここで米国軍事産業の中国への「兵器販売を増進した功績」によって、父ブッシュは後に軍事産業の絶大なバックアップを受け、大統領となる。

「中国に、アメリカ軍事産業の兵器を売った功績を持つ者が、大統領になる資格を持つ」。

1975年10月、フォード大統領が中国を訪問。米国はF4ファントム戦闘機のエンジンを、中国に輸出する事を決定。この「技術」が近年まで、中国空軍の戦闘力の中核を占める事になる。

翌年76年10月、アメリカ政府は、核ミサイル誘導に使用するコントロールデータ社のサイバー72型コンピューターを中国に輸出。

日本本土に、中国製核ミサイルを「正確に命中させる」、ミサイル誘導装置は、アメリカ政府によって中国に「与えられ」、その後、アメリカ・コンピューター業界によって、延々と「バージョン・アップ」させられる、2023年現在に至る歴史が、ここに始まる。

「同時に」、アメリカ政府は、中国の軍事力に脅える台湾に対し、F4ファントム戦闘機の大量販売を開始する。

中国と台湾が、戦争により殺し合いを行う、死ぬのは「アジア人」、兵器販売で金儲けするのはアメリカ政府とアメリカ軍事産業、と言う「典型的な構図」が、ここに開始される。

中国に脅え、アメリカからの戦闘機購入に走った台湾人と、2023年、尖閣諸島問題で中国に怯え、「日本の核武装」を主張する日本人の行動原理は「同一」である。両者共に、「アメリカ軍事産業に踊らされた、白痴」である。

軍事力・戦争に依存せず、国防・国益を計る手段は、いくらでもあり、「知恵の無い人間達には、軍事力と言う暴力しか思い浮かばない」、つまり頭の単純な白痴である。

この白痴の代表が、軍事力倍増に走る岸田首相である。



*・・・以上はメールマガジンの、ごく一部です。メールマガジンでは、より詳細な事実が掲載されています(有料)。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 16:13 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月26日

ENEOS、コスモ石油、出光など、ガソリン会社にダマサレ、高いガソリンを買わされている日本人

 現在、ウクライナ戦争を「起こした」という理由で、ロシアに対して経済制裁が加えられ、ロシア産の原油・天然ガスの購入「停止」を世界各国が行っているため、世界的なエネルギー不足が起こり、安価で日本に原油・天然ガスが入ってこなくなり、日本国内では、電気料金、ガス料金、ガソリン代の高騰が続いている。

各家庭によって電気等の使用量は異なると思われるが、電気・ガス料金は30%前後、ガソリンは1リットル=120円前後であったものが、現在では200円を目指し、60%の値上がりとなっている。

しかし、既報のように、日本の商社は原油・天然ガスを、サウジアラビア等の生産国との間で、***する契約を行っており、国際価格・時価=スポットで原油価格が1バレル100ドルに高騰しても、日本には、全く関係がない。

それにも関わらず、「世界的な、エネルギー価格の上昇」を理由に、電気・ガス料金、ガソリン価格が日本国内で暴騰しているのは、「明らかな便乗値上げ=ウソを言い、国民をダマシ、電力・ガス会社、ガソリン精製会社が、バク大な暴利を得ている」結果である。

*・・・以上はメールマガジンの、ごく一部です。***の部分はメールマガジンでは実名となっています(有料)。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 16:20 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月23日

ENEOS、コスモ石油、出光など、ガソリン会社にダマサレ、高いガソリンを買わされている日本人

メールマガジン版オルタナティブ通信、最新号。


「ENEOS、コスモ石油、出光など、ガソリン会社にダマサレ、高いガソリンを買わされている日本人」


「岸田政権の、中身のない軍事政策=防衛策に、現場・自衛隊員が怒りの告発」


「911テロを起こした、テロ組織アルカイダを作ったのは、***であるとCIA長官が公言」


「光ファイバーケーブルで結ばれた、時代遅れのインターネット」


「アメリカ上院・下院議会が認めた、コロナ・ウィルスを作った、テロ組織」


*・・・以上はメールマガジンのタイトルの、ごく一部です。***の部分はメールマガジンでは実名となっています(有料)。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 17:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月21日

麻生太郎・副総理の、マフィアとしての裏の顔

メールマガジン版オルタナティブ通信、最新号。

「アメリカ共和党=アメリカ民主党=中国共産党」

「麻生太郎・副総理の、マフィアとしての裏の顔」

「マフィア=健全な日本の銀行群」


*・・・以上はメールマガジンのタイトルの、ごく一部です(有料)。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月18日

日本人は、毎年、8月15日が来ると、広島・長崎への原爆投下を嘆く式典を行うが、原爆投下の「本当の目的」を、今だに知らない、無知な状態に置かれている

 米国に、***基金と言う財団がある。「有色人種等、劣った人種を遺伝子工学を使い、人種改良する」と言う財団である。

 この財団は、「黒人は劣った人種であり、米国の社会を劣化させるので、アフリカに黒人は全員、強制送還すべきだ」という政策を長年、主張してきた。 この財団は、「黒人、有色人種は、犯罪を犯し、暴力に走る遺伝子を持ち、性欲が遺伝的に強く繁殖力が強い」と主張し、放置しておくと地球上から白人が居なくなり、地球は劣ったアジア人と黒人だけになり、劣った有色人種は地球を滅ぼす、と主張して来た。

 この財団は、こうした人種差別政策の研究を行う研究者達に、毎年1人につき20万ドルもの奨学金を支給している。「犯罪を犯す遺伝子」等、いまだに生物学的に発見されてはいないが、この財団の発表する「研究論文」には、「犯罪を犯す遺伝子」が既に発見済み、になって居る。

 この財団は、1937年、ナチス・ドイツがアウシュビッツの強制収容所でユダヤ人の大量虐殺を行った際の指揮官***の指導の下に創立された。

この財団の活動資金は、***一族が全額出資している。「劣った有色人種を核兵器で全滅させよ」と主張するキリスト教原理主義教会を創立した、***一族である。

このキリスト教原理主義教会は、日本の「自民党を支配する、統一教会」と共に、「世界宗教者会議」を主催している。

「世界宗教者会議」の活動資金は、***から出資されている。


 第二次世界大戦末期、***一族の***は、米国戦争省の最高幹部として、

「日本が米国に対し無条件降伏を申し出ていたにも関わらず」、

それを「無視し」、広島・長崎への原爆投下を決定・実行した。

核兵器の威力を実験し、「米国の強さ」を世界に示し、第2次世界大戦後、アメリカが世界の支配者となるために、広島・長崎の市民を、***は大量虐殺した。

「劣った有色人種=日本人を核兵器で全滅させる」ためである。そこには、キリスト教原理主義教会と***基金に共通する、人種差別思想が根本に存在した(拙稿「広島、長崎への原爆投下」を参照)。

 戦後、***はダグラス・マッカーサーの上官として、日本の総支配者として来日し、日米安保条約を起草し、日本への米軍駐留を永久化し、自衛隊を創立させる。

 共産主義中国への防波堤として日本を使う=軍隊を持たせ、中国軍と日本に、「戦争を行わせる」ためであった。

日本は、その戦争のためアメリカから大量の兵器を買い、アメリカは大モウケできる。

そして、「劣った有色人種=日本人と中国人は、殺し合い」、劣った有色人種の人口削減=絶滅策を、おおいに推進できる。

日本人は、毎年、8月15日が来ると、広島・長崎への原爆投下を嘆く式典を行うが、原爆投下の「本当の目的」を、今だに知らない、無知な状態に置かれている。


参考文献:

W・H・Tucker.The Science and Politics of Racial Reserch.University of Illions Press


*・・・以上はメールマガジンの、ごく一部です。***の部分はメールマガジンでは実名となっています(有料)。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 16:53 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする