ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2007年11月28日

動き出した、有色人種大量虐殺計画

 既報のように、米国ロックフェラーは大規模な地球人口の削減計画を立て、エイズ、サーズ等の生物兵器を世界各地にバラマキ、人口削減を実行して来た。

 最終的にロックフェラーは、地球人口を10億人程度にする計画であり、人間8人の内7人、つまり大部分の人間を殺害する計画である。生き残る資格は大部分が白人に与えられ、黒人、日本人等の黄色人種は、まず全滅させられる。

 この大量虐殺の最終段階として、軍隊による一般市民の強制収容所への監禁、ガス室を使った毒ガスによる市民の大量虐殺が計画されている。

 ロックフェラーは、既に、私設の傭兵部隊を持ち、各地で断首台と、毒ガス室を付属させた強制収容所を建設し終えている。

 この強制収容所の所在地と軍内部の虐殺計画書は、既に拙稿で明らかにした通りである。

 この計画を「設計」した、ロックフェラー直属のズビグニュー・ブレジンスキーが、次期大統領候補のバラク・オバマ民主党上院議員の外交問題顧問に就任した。

 オバマが大統領になれば、この有色人種の大量虐殺計画は、ブレジンスキーの指示で、密かに、強力に推進されるであろう。
posted by 00 at 17:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック