ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2024年04月20日

自民党の裏金問題の本質は、日本人サラリーマン達の、セコく、イジ汚い、どケチ根性=思想も信念もない、知能レベルの低さ=民度の低さ、である

メールマガジン版オルタナティブ通信より

欧米社会では、サラリーマンが自分の主張と同じ考えの政治家に、少ない給与から毎月、少しづつ政治献金する事が「当然」のようになっている。

政治家も、それに応え、献金してくれた人々に議会の内情、政治状況について新聞テレビでは分からない貴重な情報を、「会報・議員活動の報告誌の配布」という形で、情報提供を行う。

議員への政治献金は、この「情報提供」を求めて、新聞テレビでは分からない「本当の政治の実態」をサラリーマンが知るための、情報提供料でもある。

しかし日本のサラリーマン達が、その思想信念に共鳴した政治家に日常的に政治献金を行うなど、聞いた事も無い。

日本人は自己の政治信念の実現、政情についての情報に、「カネを、払う」という事を一切しない。

情報は、タダだと、カン違いしている。

ただの、セコイ、どケチである。

このオルタナティブ通信も、無料版のブログは読むが、1か月わずか500円のメールマガジンには1円も出さない、という無料版だけの読者が、全体の99.95%を占めている。

99.95%が、「情報は、タダ」だという、ケチくさい「妄想」を持っている。

ただの、セコイ、どケチ=情報ドロボウである。

この日本人の、どケチ根性から、政治家はサラリーマンからの政治献金に頼る事ができず、

大手企業からの政治献金に依存せざるを得ない。

企業は営利企業であり、政治献金を行えば、必ず「何かの、見返り」を求める。

建設会社であれば、公共事業=道路工事などの建設工事の受注を求め、政治献金を行った政治家に、「受注を頼み込む」。

こうなると建設工事の受注=利益供与と、引き換えに、政治献金=カネを受け取っていた「因果関係」が生まれ、ワイロと認定される。

政治家は、ワイロを受け取っていれば検察に逮捕されるので、その政治献金は「表に出さない」=政治資金収支報告書には書かない=裏金になる。

自民党の裏金問題は、こうして生み出される。

問題は、政治家がワイロを受け取り、私腹を肥やしていたという事ではなく、

「情報には絶対にカネを出さない、情報はタダ、政治信念の実現にカネを出す、という事を一切行わない」、日本人の、セコく、イジ汚い、どケチ根性である。

自民党の裏金問題の本質は、日本人の、セコく、イジ汚い、どケチ根性=思想も信念もない、民度の低さ、である。

詳細は、メールマガジンにて。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック