ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2024年02月16日

裏金はケシカランと、大合唱している日本人達の国際情勢への無知、無能は、アキレル程、下品で下劣である

メールマガジン版オルタナティブ通信

裏金問題で、自民党の甘利明・元幹事長が、ツリシ上げられているのは、

甘利明が、ある資源開発を「アメリカを通さず」、某国で行おうとした事が原因となっている。

この資源開発の際、甘利明のパートナーであった東芝も、アメリカの激怒の対象となり、倒産=会社乗っ取りに会い、会社を解体させられている。

東芝の経営破綻と、甘利のツルシ上げは、「連動」している。

この会社乗っ取り=会社解体の専門家として、ベレラ銀行で「育てられた」のが、駐日アメリカ大使=ラーム・エマニュエル(アメリカ=イスラエルの2重国籍)である。

某国で甘利明のパイプとなっていた資源省のトップも、「何者かによって、殺害され」、犯人不明となっている。

かつて田中角栄首相が、「アメリカを通さず」、インドネシアから石油を輸入しようとした際にも、「アメリカ議会」でロッキード事件が取り上げられ、それを「うのみにした」日本のマスコミに田中は、ツルシ上げられ、刑務所送りになっている。

自分達で使う資源は、自分達で調達する、その当たり前の事が「属国」日本には「許されていない」。

裏金はケシカランと、大合唱している日本人達の国際情勢への無知、無能は、アキレル程、下品で下劣である。

甘利明の某国での資源開発の詳細、関係者実名はメールマガジンで。

お申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 17:04 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック