ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2023年12月02日

昨今、死去した、ヘンリー・キッシンジャーの「正体」

 世界最大の核兵器原料企業であり、核兵器により人類を絶滅の危機に陥れてきたアライド・ケミカル社は、ノーベル「平和」賞を受賞した、アルバート・ゴアの経営企業である。

ゴアは、人類を絶滅の危機に直面させ続けてきた、「功績」によって、ノーベル「平和賞」を受賞した。

このアライド・ケミカル社は、同時に、世界最大の精肉企業IBP(アイオワ・ビーフ・パッカーズ)を経営している。またヨーロッパ最大手の食品流通企業、カベナム食品をも経営している。

核兵器産業が、食品産業である事が分かる。

食品産業の足元には、軍事産業の深い闇が眠っている。


 英国の食品最大手グランド・メトロポリタン社の名前は、余り知られていない。マクドナルドに次ぐ世界第2位のハンバーガー・チェーン店バーガーキングの経営企業と言えば、思い出す人も居るかもしれない。

あるいは、アイスクリームのハーゲンダッツの経営企業と言った方が分かりやすいかも知れない。

このグランド・メトロポリタン社は、元々ヨーロッパ屈指の名門ホテルの経営企業であり、ホテル用の高級アイスクリームを一般に市販し始め、世界に販売網を拡げて行ったのが、ハーゲンダッツであった。

グランド・メトロポリタン社の経営する名門ホテル、インターコンチネンタルには、必ずカジノ等のギャンブル施設が付随して来た。このホテルの足元には、ヨーロッパのカジノ施設を経営するマフィア組織の霧が漂っている。

マフィアと言えば、ギャンブル、麻薬、酒の密売、売春等を業として来た歴史を持つが、マフィア史の視点から見なくとも、ヨーロッパの食品産業は、奇妙な歴史を持っている。


 ロシア(旧ソ連時代は、ウクライナ等の穀物地帯を含む)の穀物を、伝統的に最も買い付け輸入して来たのが英国であり、その消費はウィスキー等の形で行われて来た。

グランド・メトロポリタンは、ウィスキー好きには周知の銘柄J&Bを製造すると同時に、有名なウォッカの銘柄スミルノフをロシアから輸入販売して来た。

こうして、ロシアからの安価な輸入穀物、食品に依存する事は、英国などのヨーロッパ食品業界の伝統的なビジネス・スタイルでもあった。

ロシアを安価な穀物=原料供給基地として支配下に置き、成長して来たのが、ヨーロッパ食品業界であったとも言える。

今次の、ウクライナ戦争は、こうした視点から見ないと本当の事が分からない。


 グランド・メトロポリタン社の経営するインターコンチネンタル・ホテルは、このロシアからの安価な穀物、資源をヨーロッパ各国に運搬する、ヨーロッパ横断鉄道=インターコンチネンタル・エキスプレスの、主要駅に付随した宿泊ホテルとして発祥した。

有名な英国ウィスキーJ&Bとロシアの名門ウォッカ・スミルノフが、同一企業から販売されて来た背景には、ロシアから英国までを結ぶ食品輸送ルート、インターコンチネンタル・エキスプレスの歴史があった。

 しかし、1930年代、ソ連(ロシア)にスターリンが現れ、西欧・米国と激しく対立し、鎖国体制を取ると、インターコンチネンタル・エキスプレスのビジネスは崩壊する。

インターコンチネンタル・エキスプレスは、大きな野望を持っていた。ロシア・東欧の鉄道網をさらに拡充し、この地域全域の食糧、資源を押さえ、欧州への食料・エネルギー供給基地を鉄壁にする事であった。

歴史を、さかのぼれば、同社の野望は、1930年代、ロシアの東側=中国側から攻め込んで来る日本軍の南満州鉄道とインターコンチネンタル・エキスプレスを連結し、中国=ロシア=ヨーロッパを鉄道で統一し、ユーラシア全域の食糧、資源を、インターコンチネンタル・エキスプレスで「ユーラシア全域」に流通させる事であった。

このユーラシア鉄道計画は、1930年代、スターリンの取った鎖国体制で挫折し、インターコンチネンタル・エキスプレスは、ロシアへの「深い恨み」と共に米国に企業亡命し、名前をアメリカン・エキスプレスと改名する。

現在では、クレジットカード会社の「側面だけ」が、良く知られている。

ヘンリー・キッシンジャーの経営企業、アメックスである。

そして、アメリカに移住不可能なインターコンチネンタル・ホテルという建築物だけがヨーロッパに残り、1991年のソ連崩壊まで、欧州各地で伏兵として息を潜める事になる。


 西欧の側=ロシアの西側から身を潜め、ソ連崩壊を待機した伏兵、キッシンジャーのインターコンチネンタル・グループ。アイスクリーム、ハーゲンダッツの背景には、それがあった。

そして、1971年頃から、東側からは、キッシンジャーが中国入りし、中国共産党内部のCIA人脈を駆使し、やがて米中国交回復を手に入れ、キッシンジャーは米中経済評議会の会長に就任する。

中国の市場開放経済路線が始まる。

そして、キッシンジャーの経営企業=インターコンチネンタル・エキスプレスの「下部組織」=この鉄道会社によって東欧・ロシア産の穀物を西欧に輸送し、ビジネスを行ってきた穀物商社=フランス企業のドルフィス社は、フランス財界から「伏兵」をスターリンの元に送り込む。

スターリンの妻が、このフランス財界の名門企業の経営者=社長の娘であった。

キッシンジャー=ドルフィス社は、こうしてソ連・ロシアの「生命線=食料」を握り、さらに食料生産のための化学肥料の原料=石油産業を支配下に置き始める。

石油ビジネスは、ソ連・ロシア最大の収入源であった。

最大の収入源と、食料を押さえられたソ連・ロシアは、1991年、崩壊する。

西側からは欧米政界の「大御所」としてソ連に攻め込むキッシンジャー、東側からは中国を使いソ連に攻め込むキッシンジャー、ソ連内部では食料と石油を押さえ込んだキッシンジャー。

その深慮遠謀が、1991年、インターコンチネンタル・エキスプレスの野望=ユーラシア統一の夢の実現の第一歩として、ソ連を崩壊させる。

 2023年現在、ロシア国内で唯一、どこででも使えるクレジット・カードがアメックスであり、ロシア経済の隅々までインターコンチネンタル・グループが入り込んでいる事を、これは示している。

アメリカ最大の財閥とも言える、ロックフェラー家の自宅を訪ねると、給仕としてお茶を運び、ロックフェラーが口にした葉巻に素早く火を付け、時々、「坊や、早く、お菓子を運んで来なさい」とロックフェラーに怒鳴り付けられている、ヘンリー・キッシンジャーの姿を見る事が出来た。

キッシンジャーを、お茶を運ぶ給仕として、召使いとして「鼻であしらっている」事を客に対して示すために、権力者ロックフェラーは、しばしば、こういう事をする。

キッシンジャーは、従順にニコニコ微笑みながら、いそいそとお茶を入れ、ロックフェラーの葉巻に火を付けていた。

キッシンジャーは、ソ連・ロシアを追い詰めるため、アメリカ・ソ連の軍事対立を強く推し進める、アメリカ=ロックフェラー家と「同盟」を組んでいた。

2023年、ウクライナ戦争が激化する中、キッシンジャーの子会社=ドルフィス社はウクライナ産、ロシア産の小麦を「両方とも」買い付け、貨物列車で輸送し、世界中に販売し、その小麦売却代金で、ロシアとウクライナは兵器を買い、戦争を続けている。

ロシア・ウクライナ産の小麦が戦争で供給停止になるのではないか、世界最大の石油輸出国=ロシアの石油が世界に供給されなくなるのではないか、との思惑から、小麦=食料、石油=エネルギー価格は暴騰し、穀物商社=ドルフィスと、石油王=ロックフェラー=キッシンジャーの「同伴者」は、大モウケしている。

ウクライナ戦争を計画した、ホワイトハウスの政治家集団=ネオコン派の中に、多数のキッシンジャーの弟子達が入り込んでいるのは、偶然ではない。本誌のメールマガジンに詳細が書かれている。
posted by 00 at 16:53 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック