ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2012年10月15日

日本には数万人規模の「森口尚史」が存在している


自称・ハーバード大学研究員の森口尚史なる人物が、世界初のiPS 細胞を使った心筋移植手術を行ったと称し、

マスコミに総攻撃を受けている。

大学・大学院の研究所では、部下・懇意のジャーナリストをゴーストライターに使い論文を書き・発表し、

自分の研究成果であると詐称する事は「常識」である。

本当の研究者から見れば「このような手法で心筋移植は不可能」と判断できる内容であっても、

無知な部下・ジャーナリストに代筆させているので非常識な内容になる事も多い。

内容に関し疑問が呈されても「自分で書いた訳ではないので」、説明に困窮する。

「成果が上がった」と、モットモラシク書いておけば、厚労省等の管轄官庁から研究助成金が出る。

それで数年間、メシが食える。

厚労省の役人は専門家ではないので、「このような手法で心筋移植は不可能」とは判断できない。

研究者であれば、誰でもがやっている虚偽論文の作成とゴーストライターの使用である。

「たまたま」ノーベル賞受賞者と同一テーマであったためマスコミに取り上げられ、虚偽が露見した。

「成果が上がる」事などドウデモ良い。仕事をやっているフリさえしていれば、それでメシが食える。

それが大学教授・研究者というものである。膨大な数、存在する日本の大学教授達の中で、世の中を良くする成果を上げた人物の名前を何人上げる事ができるかを指折り数えてみれば実態が理解可能となる。

霞ヶ関官僚も、「成果が上がる」事などドウデモ良い。成果が上がっているフリさえしていれば、上司に褒められ昇進が確保でき、地位の安定確保=給与ボーナスが確保され、それでメシが食える。

日本には数万人規模の「森口尚史」が存在している。

この腐った学界と官僚世界との「結託」が、国民の税金=研究助成金を浪費させている。

その結託・腐敗の実態。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、バックナンバー8月号(2011年)。


「日本人を、出来るだけ多く殺害する事が、霞ヶ関の国家官僚の職務である」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。


posted by 00 at 16:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック