ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2012年07月27日

警察と裁判所の、腐った「関係」


警察に逮捕された人間の、99%が裁判所によって有罪判決を出される。

世界でも珍しい、警察=過ちを絶対犯さない、という裁判所の「お墨付き」。

その内実は、警察官僚が日常的に行っている裁判官への接待である。

豪華な飲食を連日、警察組織から与えられている裁判官は、警察を常に裁判で勝たせる。

この官官接待が、有罪率99%の「カラクリ」である。

99%の意味する事は、無実のサラリーマン・市民が多数、犯罪者として刑務所に収監されているという事である。

裁判官が豪華な飲食を行っている事の代償に、無実の市民が刑務所に入っている。

腐り切った警察と裁判所の「結託」の数々。


詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、次号。

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。


posted by 00 at 11:20 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック