ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2011年07月26日

独裁者に「逆らった」人間は、水、食料さえ買う事ができない




前回記事「世界帝国・建設の、準備」、より続く。


http://alternativereport1.seesaa.net/article/215451656.html




(前回記事より続く)




 前回記事で記載した、世界規模での独裁国家体制を「目指しつつ」ある、FEMA。

現在、進みつつある、アメリカ国債のデフォルト=紙クズ化によって、

アメリカの世界支配が終わった後の世界体制として、準備されている「支配体制」が、FEMAに象徴されている。

FEMAは、ヴァージニア州を拠点とした全世界の銀行間財務処理システムSWIFT、

全地球規模での電子資金転送システムEFT、

さらにニューヨークを中心とした手形交換決済システム・コンピューターCHIPSと連結され、

全地球規模の市民・企業の活動・資金の動きを、完全把握している。

カードや電子マネーによる支払いが浸透すればする程、FEMAによって、「問題のある人間」と認定された人物は、

「どこで缶ジュースを買ったか」まで完全に、日常行動が把握され、

さらには缶ジュースを買うための資金さえ口座を凍結される事で奪われ、生存する権利を奪われる事になる。

独裁者に「逆らった」人間は、水、食料さえ買う事ができない体制が、形成されつつある。



posted by 00 at 22:06 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック