ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2011年04月17日

日本に原子力発電を、押し付けてきた、アメリカの、エネルギー・マフィアの正体




原子力発電・産業とは、核ミサイル産業である。

日本に原子力発電を「押し付けてきた」、アメリカのエネルギー・マフィアの正体。

この核ミサイル製造グループは、長年、円高を「作り上げる」、為替政策を担当してきた。

「日本は貿易で、モウケタ金で、アメリカの核ミサイルと、戦闘機を買い、アメリカの建設資材を買い不要な公共事業に浪費せよ」、というのが本音であり、

アメリカ製品の激安販売が、円高政策であった。

本来、「原子力発電所・事故を起こした、ダメな国=日本」は、売りであり、円安の原因となるが、

事故と同時に、超円高が、日本を襲った理由は、ここにある。


詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信・バックナンバー11月号(2009年)。




「新しい駐日大使ジョン・ルースを影から支える組織・・・オバマ大統領のブレーン組織」



申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。  



なお申し込みと同時に、受付完了の自動返信メールが届かない場合には、購読期間等を明記の上、以下に直接メールを送信下さい。
                                        megafinancecp@yahoo.co.jp





posted by 00 at 09:14 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック