ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2010年12月11日

鎮痛剤バファリンの背後にある、CIAの、人間ロボット化計画



日本の病院では、担当医師が、患者を、動物と同様の、危険な手術方法の「実験=モルモット」に使う事は、

「ごく普通に、行われている」。

患者の同意もなく、医師が、「勝手に、患者を人体実験に、使用する」事は、日本の大学病院では、日常である。

特に、スサマジイ、人体実験を行っている病院の名前を、実名で公開する。

病気になり病院にかかった際、担当医師の出身大学を問いただし、

この「人体実験病院」の関係者であるか、どうか、確認する事は、死活問題となる。


詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、次号。




「鎮痛剤バファリンの背後にある、CIAの、人間ロボット化計画」



申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。



なお申し込みと同時に、受付完了の自動返信メールが届かない場合には、購読期間等を明記の上、以下に直接メールを送信下さい。
                                        megafinancecp@yahoo.co.jp






posted by 00 at 13:50 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック