ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2010年11月22日

柳田・法務大臣の暴言の背後にある、労働組合=霞ヶ関官僚の利権構造



昨今、問題となっている柳田・法務大臣の暴言の背後には、

柳田を始めとする、労働組合出身の政治家達の「利権構造」がある。

暴言によって大臣が辞任するか、どうか等、の問題ではなく、この「利権」が柳田の暴言に象徴的に現れている事が日本社会の致命傷となっている。

民主党が非難する、霞ヶ関の官僚の「ムダ使い」は、自治労・日教組といった公務員・労働組合の利権と「同一」である。

尖閣諸島、北方領土問題で、劣勢に次ぐ劣勢を強いられている、日本国家の「外交無策」は、

官僚組織=公務員・労働組合の「旧態依然」に原因がある。

自分の利権維持しか念頭に無い人間達が、100年後の、国家戦略・外交戦略を、「日頃から鍛え上げ、準備しておくはずが無い」。

 この国家官僚=公務員・労働組合の、「スサマジク、意地汚い、利権構造」を、明らかにし、

中国、アメリカ、ロシアの、世界戦略を全面的に明らかにし、

その中に、「飲み込まれつつある」、日本の姿を明らかにする。


詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信・バックナンバー5月号。




「中国共産党を支配下に置き、ユーラシア大帝国の形成に向かう、ナチス勢力」


申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。



なお申し込みと同時に、受付完了の自動返信メールが届かない場合には、購読期間等を明記の上、以下に直接メールを送信下さい。
                                        megafinancecp@yahoo.co.jp







posted by 00 at 03:58 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック