ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2010年10月24日

日本土建屋組合=「東京地検特捜部」




「飲食、売春婦を与えてくれた検察官を、裁判で勝たせる、日本の全ての裁判官達」


http://alternativereport1.seesaa.net/article/166692356.html



「国会議員・鈴木宗男を、強引に刑務所に入れ、何としてでも、守ろうとしている、警察・検察の裏金利権=国民の税金の、警察による、ドロボウ・窃盗犯罪」


http://alternativereport1.seesaa.net/article/164948555.html



「国会議員=鈴木宗男を、検察が強引に、デッチアゲ逮捕し、刑務所に収監し、ツブサナケレバ、ならない、本当の理由」、


http://alternativereport1.seesaa.net/article/163190918.html



「裁判官が、ポルノDVDを検察官にプレゼントする事が、慣例となっている日本の司法制度」、


http://alternativereport1.seesaa.net/article/163371410.html



「鈴木宗男・有罪判決を出した、最高裁判所=売国組織の真意」、参照。


http://alternativereport1.seesaa.net/article/162817951.html






 日本の警察組織内部には、「国民1人1人の電話・電子メールの盗聴・尾行」等の個人情報収集を担当としている、「非合法な犯罪組織」が存在する。

この組織は、電話・電子メール盗聴から、私人のインターネットの閲覧履歴、クレジットカードの使用履歴=趣味・交友範囲等の情報を蓄積する、市民監視組織であり、その活動内容は全て非合法である。

この警察=犯罪組織のトップは、警察庁本庁の警備局公安1課理事官である。それを頂点に、各都道府県警察本部、所轄警察署の公安1課、警備企画課に、メンバーが配置されている。

 この組織は、法律上・公式上は「存在してはならない」犯罪組織であるため、警察組織内部では、通称「ゼロ班」と呼ばれている。

 日本の警察組織では、公安部門がエリート組織・出世組織であり、歴代の警察庁長官は「必ず公安畑から出す」という不文律がある。

オウム真理教信者に狙撃された、と言われている国松孝次元警察庁長官は、公安畑出身ではない刑事部門の刑事局長から長官に任命されたため、中国製・ロシア製トカレフ拳銃の密輸により裏金作りを継続してきた日本警察の「主流派」によって、長年の利権の摘発を「恐れた脅迫行為」として狙撃が実行された。

国松元警察庁長官の狙撃を命令したのは、日本の公安警察幹部である。

 この日本の警察組織の中核・出世コースである公安部門。そのエリート・コースの登竜門が、東京都文京区の東京大学の門前にある、文京区・本富士警察署である。

 この警察組織の出世コースの公安のトップは、米国CIAへの留学・帰国組みで独占され、事実上、CIAの日本支部となっている。日本の公安警察は、末端まで、その担当する対外諜報活動の分野で、日常的に米国大使館に出入りし、中国、あるいは北朝鮮担当等の米国外交官から「情報を頂いて来る」。

日本警察は、そのトップから末端までCIAの日本支部であり、それがピストル密輸=暴力団への武器横流しによる警察の裏金作りを通じ、在日ロシアン・マフィア、在日ロシア人傭兵組織と一体化しているという事実が、ここに見える。

 この公安警察はCIAと一体化しながら、北朝鮮情報を入手するルートとして、神社の祭り等で夜店を出す「テキ屋」の全国組織である広域暴力団・会津小鉄内部の、在日朝鮮人を使い、北朝鮮本国の情報を入手している。

このルートは、そのまま北朝鮮からの「ジャリ石」の輸入ルートとして、日本の道路建設には不可欠な原料供給ルートになっている。

日本の道路族と言われる国会議員達が、CIA・公安警察・広域暴力団・北朝鮮に「生命線を握られている」利権集団である事が、ここから分かる。

日本の公共事業の「闇」にメスを入れる人間は、このグループに命を狙われる事になる。

 これが、不必要な道路建設を強引に進める「日本の財政赤字の創出グループ=増税の生みの親=国民の税金の浪費システム」である。

日本の「不要な公共事業」にメスを入れ、「事業仕分け」で公共事業=国民の税金の浪費をストップしようとする民主党、その「顔役」である小沢・鳩山を、検察が立件しようとしてきた本当の理由は、検察が、この公共事業用の「ジャリ石」利権で金儲けする、ゼネコンの一角を「占めている」ためである。

検察・警察とは、日本の「最大手の土建会社の別名」である。

鞄本検察・建設会社であり、その下請けの、鞄結梺n検・土建屋組合、である。

田中角栄の末裔として、小沢一郎も、この「ゼネコン利権」の一角を占めて来た。検察からすれば、「裏切ったな」と言う事である。暴力団は、敵対する暴力団の組員に対してより、身内を裏切った「内部の裏切り者」への報復に、より厳しい制裁を加える。「掟破り」を許さないのが、暴力団・マフィアの常道である。広域暴力団「検察組」である。








posted by 00 at 16:02 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック