ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2010年10月20日

犯人の、「デッチアゲ」を、その専売特許としてきた日本の警察・検察の「正体」



1948年、帝国銀行=現在の三井住友銀行に強盗が押し入り、

銀行員20数名を「毒殺」し、小切手等を奪った帝銀事件。

現在も、逮捕されていない、この事件の真犯人を実名で明らかにする。

日本の警察・検察は、「ある組織に脅迫を受け、脅え」、この真犯人を見逃して来た。

そして「犯人を捕まえられない、という世論の批判をカワシ、検察のメンツを守るため」、無実の人間を犯人として、「無実である事を知りながら、刑務所に入れ、死ぬまで幽閉し、獄死させている」。

戦後65年間、犯人の、「デッチアゲ」を、その専売特許としてきた日本の警察・検察の「正体」を明らかにする。


詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信・バックナンバー8月号。



「帝銀事件の真相」


申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。


なお申し込みと同時に、受付完了の自動返信メールが届かない場合には、購読期間等を明記の上、以下に直接メールを送信下さい。
                                        megafinancecp@yahoo.co.jp








posted by 00 at 15:16 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック