ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2010年09月26日

尖閣諸島問題で米国・国務長官ヒラリー・クリントンに「助けを求めた」、前原外務大臣の無残な無知



前原・外務大臣が、米国ヒラリー・クリントン国務長官に、尖閣諸島は日米安保条約の守備範囲内との言質を取った。

ここには前原の無知が、露呈している。

ヒラリー・クリントンは、チベット、中央アジアへの「膨張政策」を取り、その地域の資源を奪取しようと動いている中国共産党政府の、

「最大の、ビジネス・パートナー」である、カナダのエネルギー企業の代理人である。

中国政府のパートナー企業の代理人に、中国と敵対関係にある尖閣諸島問題の「助けを求める」愚かさは、無残である。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、バックナンバー5月号。




「妊婦の腹を銃で撃ち、楽しんでいた人殺しが、クリントン国務長官の尽力で、罪に問われず楽しい人生を送っている」


「中国共産党を支配下に置き、ユーラシア大帝国の形成に向かう、ナチス勢力」




申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。  



なお申し込みと同時に、受付完了の自動返信メールが届かない場合には、購読期間等を明記の上、以下に直接メールを送信下さい。
                                        megafinancecp@yahoo.co.jp










posted by 00 at 14:06 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック