ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2019年11月12日

お知らせ

MK様、アドレスを変更されたためメールマガジンの送信が不可能となっております。

ai@***i.jp

新しいアドレスを、お知らせください。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 13:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国は、なぜ反日なのか

メールマガジン版オルタナティブ通信、最新号。

「劣化する、中国経済」

「韓国は、なぜ反日なのか」

申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 13:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FEMA連邦危機管理庁、CIAの人間ロボット化計画4

4. チャイナレイクで子供に対し人体実験を行っているのは、第二次大戦中ナチスのアウシュビッツ強制収容所で過酷な人体実験を繰り返していたメンゲレ博士 (チャイナレイクでは通称ドクター・グリーン)と、ユアン・キャメロン(チャイナレイクでは通称ドクター・ホワイト)である。
 メンゲレは、 アウシュビッツで2人の子供の全ての血管を結合させ1人の人間として合体させ、片方の子供の心臓を摘出しその合成人間が何日生きられるか等の残虐な実験を行っていた。メンゲレは第二次大戦後、元大統領一族のブッシュ一族に雇われチャイナレイクに移住していた。

 アウシュビッツでユダヤ人大量虐殺に使用された毒ガスを製造していたIGファルベン社の経営者であったブッシュ一族は、ファルベン社に資金を融資していたユニオン銀行の経営者でもあった。このユニオン銀行のナチス担当の取締役でありブッシュ直属の部下であるアレン・ダレスが、戦後初代のCIA長官になるとダレスとブッシュは、友人メンゲレをチャイナレイクに呼び寄せ人体実験を行わせていた。
posted by 00 at 13:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする