ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2019年06月29日

右翼・天皇主義者のカザフスタン・トルクメニスタン問題への無知が日本を滅ぼす

 かつて、ロシアの女帝エカテリナ2世は、自身がドイツ系であった事もあり、

ドイツからの移民を積極的に受け入れた。

現在の、カザフスタンに、そのドイツ人達は入植・定住している。

第二次世界大戦中、日本とドイツが同盟国であった時代、

ヒトラーは、カザフスタンのドイツ人を、対ロシア戦争の情報員として使役し、

ドイツの同盟国・日本も、日独中央アジア協会を作り、

密かに、カザフスタン等々に、多くの諜報員を送り込んだ。

日本が、スタン国家群と協力関係を持ち、

中国=ユーラシア帝国の極東部分の、さらに東端を日本、西端をスタン国家群によって「押さえ」、

「大国を挟み撃ち」にしようと懸案する場合、

スタン国家群の、古参兵=生き残りの旧日本軍人脈の「リサイクル」が可能である。

日本国家に、それだけの「戦略性が残っていれば」の話であるが。

なお、カザフスタン・トルクメニスタン等の原油・天然ガスだけでなく、

キルギスタン・タジキスタンを、この地域の水の供給地として「把握しておく」事は極めて重要である。

posted by 00 at 13:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする