ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2016年07月11日

ソフトバンク、その実態


「FBIと、日本の質屋の戦い」

「ソフトバンク、その実態」

「EUからの離脱を決定した、英国の苦難」

「FBIは、なぜ、ヒラリー・クリントン大統領候補を、追い落とそうとするのか」


詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2016年)、

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 20:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兵器密売人達の、世界


世界で最も、金モウケになるビジネスは、

兵器売買=戦争である。

この兵器密売の実態と、「密売人達の世界」。


詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、2016年7月号(通巻330号)、

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 20:20 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大統領候補=ヒラリー・クリントンの、真実


 豚インフルエンザを生物兵器として開発した、

アメリカ・メリーランド州フォートデトリック陸軍生物兵器研究所は、

第二次世界大戦中から、生物化学兵器の研究開発所として、

英国のウィンストン・スペンサー・チャーチル首相から、

マスタード・ガス等の毒ガスの「注文」を受け、製造を行っていた。

毒ガス開発に熱心であったのは、チャーチルの妻クレメンタインの方であり、

英国軍内部では、チャーチルの妻は「マスタードの鬼」というニックネームを付けられていた。

チャーチルの名前にはスペンサー家の名前が入っているように、

子爵スペンサー家のダイアナ元・皇太子妃とは縁戚に当たる。

フォートデトリックの生物兵器研究所は、ロングアイランドのハリマン優生学研究所から、

生物兵器研究を引き継いだが、

この優生学研究所の創立メンバーであるハリマン一族の、エイブリル・ハリマンが、

ブッシュ一族のブラウン・ハリマン銀行の経営者でもあった。

チャーチルの後継者・息子ランドルフ・チャーチルの妻パメラは、ランドルフと離婚後、ハリマンと再婚する。

ハリマン研究所の後継であるフォートデトリックに、チャーチルが毒ガスの「注文」を行うネットワークは、

ハリマンと、チャーチル2世の「妻の共有」と言う閨閥という連携によっても継承されている。

このハリマン=パメラ=チャーチル2世の、パメラが、クリントン大統領の大統領選挙の資金責任者であり、パメラが、政治家クリントン夫妻の「生みの親」である。
posted by 00 at 20:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。