ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2016年04月11日

中国包囲網を形成し、尖閣諸島問題から中国の手を引かせるテクニック


尖閣諸島から、中国に手を引かせるため、

日本外交が、行うべき事。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、12月号(2012年)、


「中国包囲網を形成し、尖閣諸島問題から中国の手を引かせるテクニック」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 14:16 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカの5大テレビ局を、支配する者


アメリカの5大テレビ・ネットワークは、

1つの一族=グループによって、支配されている。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、3・4月号(2016年)、


「アメリカ大統領候補? ドナルド・トランプとは何者か (下) 」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 14:15 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨーロッパ最古の、スパイ組織


ヨーロッパ最古の、

スパイ組織の歴史。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、3・4月号(2016年)、


「アメリカ大統領候補? ドナルド・トランプとは何者か (下) 」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 14:14 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反日本を掲げる、韓国


韓国が、中国と連携し、

反日本の動きを強めている、「理由」。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、4月号(2016年)、


「韓国は反日本によって、何を韓国国民に対し隠そうとしているのか」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 14:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒラリー・クリントンが大統領になると、何が起こるのか


 1991年、内乱・動乱の末、共産主義国ソ連(現・ロシア)が崩壊すると、

ソ連の支配下にあった世界有数の穀倉地帯ウクライナに、ドリュフィス社が乗り込み、

ウクライナ最大の穀物商社アトンを乗っ取った。

ウクライナの食糧支配=世界有数の食糧生産地帯の支配が目的であった。

またオクシデンタル石油社が、旧ソ連の支配下にあった油田を狙い、ソ連崩壊後、即座に乗り込んで行った。

他国が崩壊し、大混乱に陥ったので、「食糧と石油を盗みに潜入して行った」=火事場ドロウボであった。

こうして略奪された資源は、ドリュフィスの子会社であるラファルジュ社のタンカーで、米国等に輸送された。

このラファルジュの顧問弁護士がヒラリー・クリントンであり、

オクシデンタルの経営者がアル・ゴア一族であった。

クリントン政権の副大統領が、このアル・ゴアになる。


 ソ連の国家崩壊によって、その影響下にあった旧ユーゴスラビアでは、内部紛争から戦争が起こった。

ユーゴスラビアでは、親米勢力と、反米勢力が、スサマジイ殺し合いを展開した。

アメリカの強い影響下にあった国連からは、「人道支援」と称し、

この親米勢力と、反米勢力の両者に食糧支援が行われた。

そして「国連からの支援食糧の入っている、コンテナ」が、親米勢力と、反米勢力の両者に届けられた。

コンテナを開くと、そこには米国製の兵器が大量に入っていた。食糧ではなかった。

この兵器を使い、親米勢力と、反米勢力は、スサマジイ殺し合いを展開した。

殺し合いを助長し、兵器販売で利益を上げる、武器商人。

コンテナの中身は米国製の兵器であり、武器商人の正体は、当然、アメリカの軍事産業であった。

居酒屋で酔っ払ったAとBが、ケンカを始めたので、仲裁に入るフリをし、A・B両方のポケットからサイフを盗む、ドロボウがいた。

居酒屋が大混乱に陥ったので、「混乱に乗じ、サイフを盗む」火事場ドロボウであった。

兵器販売は、「食糧と石油を盗みに行った」火事場ドロボウのドリュフィス社と、同一の行動であった。

なお穀物商社ドリュフィスは、ソ連圏のウクライナで、武器商人=兵器商社として「創業」されている。

2016年の、アメリカ大統領候補?=ヒラリー・クリントンは、武器商人の代理人という事になる。

もちろん、「火事場ドロボウを行うためには、まず、火事=戦争が起こらなければならない」。

ヒラリー・クリントンが、大統領になると何が起こるのか。


 放火犯として刑務所に繰り返し入った経験のある人間が、深夜、街をウロウロしていれば、その目的は明白であり、放火である。

ヒラリー・クリントンが、国際政治の舞台で、大統領としてウロウロし始めれば、その目的は明白である。
posted by 00 at 14:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする