ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2016年01月18日

イスラム国・ISが仕かける、次のテロ


「サウジアラビア VS イラン・・・国交断絶の真の目的」

「北朝鮮内部の、政治変動」

「イスラム国・ISが仕かける、次のテロ」

「消費税の増税を行わなくとも、削る事ができる官僚達の、ムダ使い」

「北朝鮮、水爆実験?の影で・・・方向転換する、中国と北朝鮮」


詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、1月号(2016年)、

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 08:36 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生物兵器=インフルエンザを製造している、某企業


生物兵器として、インフルエンザを製造している、

某企業の実名。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、1月号(2016年)、


「生物兵器=インフルエンザを製造している、某企業」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 08:31 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカ VS 中国・・・水面下での暗闘


アメリカが中国を、罵倒し、

中国もアメリカを、罵倒する。

外交交渉の現場で行われている、米中の脅し合いの中身。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、1月号(2016年)、


「アメリカ VS 中国・・・水面下での暗闘」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 08:30 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「マイナンバー制度」の、暗部


 米国最大手スーパーマーケットのウォルマートは、超小型のICチップを埋め込んだ商標(タグ)使用し始めている。これはウォルマートが米軍から「要請」を受けて実験を行っているものである。

瞬時に商品の生産地や消費期限、配送ルート等の情報を読み取る事の出来る安価なICタグは一見便利ではあるが、ウォルマートは米国国防総省・米軍と一体化しながら、その実用化を計っている。

このICタグは通信機能を持ち、スーパーマーケット内の顧客の動き、会話等を記録し、同時に購入した商品から顧客個人の好みをデータとして蓄積し、その情報をクレジットカード情報と一体化し住所・氏名と共に米国国防総省・ペンタゴンが永久に保存し続ける。

米国国防総省・ペンタゴンの最終目的は全ての人間の身体にICチップを埋め込み(またはチップを埋め込んだ身分証明書を携帯させ)管理する事、チップの動きを通信衛星で監視する事により、全ての人間の日常行動を「トイレの中まで監視する」事にある。

やがて、このICチップにクレジットカード機能を持たせる事により、米軍は全人類の個々人の、誰が、どこで、何を買ったか、つまり全ての人間の趣味、交遊関係、経歴、行きつけの店、読んだ本の中身、ネット上で閲覧したデータを「全て把握する」事が出来る。

ウォルマートは、こうして既に国防省の一部として活動している。

日本でも開始された「マイナンバー制度」も、米国国防総省・ペンタゴンの、この活動の同一線上にある。

なお長年、このウォルマートの顧問弁護士であったのが2016年のアメリカ大統領候補=ヒラリー・クリントンである。
posted by 00 at 08:29 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする