ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2015年12月31日

IS・イスラム国の、新しい戦略


IS・イスラム国によるテロは、

「正しい」と判断する専門家が多いのは、なぜなのか。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、1月号(2016年)、


「IS・イスラム国の、新しい戦略」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 14:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年、IS・イスラム国は、どこの国をターゲットとして狙うのか


2016年、IS・イスラム国は、

そのテロのターゲットを、劇的に変化させる戦略を採用し始めている。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、1月号(2016年)、


「IS・イスラム国の、新しい戦略」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 14:10 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の、本格的な景気後退は、2016年、世界経済に何をもたらすのか



中国の、本格的な景気後退は、

2016年、アメリカ経済と日本経済に何をもたらすのか。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、8月号(2010年)、


「中国の、アメリカへの、貸し渋り政策」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 14:09 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本と中国の戦争を、アオル、ホワイトハウスの担当者達


「どうしても」戦争を行いたいアメリカ政府は、

虚偽をマスコミに流す事で、戦争をアオリ続けてきた。

その担当者達の実名と、ダーティ・ビジネス。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、3月号(2012年)、


「日本と中国の戦争を、アオル、ホワイトハウスの担当者達」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 14:07 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本は、アメリカ・ロシアという大国の横暴に右往左往させられている


 北朝鮮に豊富にあるウラン鉱石の精練はロシアが行っている。

これは北朝鮮の核ミサイル開発に、ロシアが関与している事実を示唆している。

ロシアには、北朝鮮の核ミサイル開発を非難する資格がない。


 米国金融界の中枢=ゴールドマン・サックスは、日本の郵便貯金の資金運用を「担い」、その資金で中国の原子力発電所の建設を進めている。

この原子力発電所から出るプルトニウムは、中国の核ミサイルに姿を変え、日本をターゲットとして、その照準を日本に向けている。

アメリカ金融界が、日本をターゲットとした中国の核ミサイル武装を「推進」し、それをアメリカ政府は放置し続けている。

ホワイトハウスには、南シナ海、東シナ海での中国の軍事的強硬路線を非難する資格は無い。

中国の軍事力強化に「貢献」してきたのは、現在も昔も、アメリカである。

イスラム国のテロ問題で、ロシアはシリアのアサド政権を支持し、アメリカは反アサド派を支援し、アメリカとロシアは対立を続けてきた。

昨今、アメリカはロシアの姿勢に理解を示し「共同路線」を歩み始めた。

それは、ロシアによる北朝鮮の核ミサイル開発支援をアメリカが非難しない事と引き換えに、アメリカによる中国の核ミサイル開発支援をロシアが非難しない「条件交渉」が成立した事を意味している。

北朝鮮と中国の核ミサイルのターゲットとなっている日本は、アメリカ・ロシアという大国の横暴に右往左往させられている。
posted by 00 at 14:05 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。