ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2015年12月16日

中国・北朝鮮・韓国が日本に対して行った、従軍慰安婦問題


「安倍政権の、誤り」

「中国・北朝鮮・韓国が日本に対して行った、従軍慰安婦問題」

「2016年のアメリカ大統領選挙の勝利に向け動き出す、アメリカ共和党」

「中国軍の、ハッカー集団の実態」


詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、12月号(2015年)、

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 06:19 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アベノミクス=金融マフィアの正体


アベノミクスの実働部隊として、

金融市場で動いている、金融マフィアの正体。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、12月号(2015年)、


「ヘッジファンド経営者達の、狂気」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 06:17 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本国家の建国のための資金は、麻薬密売によって生み出されていた


アメリカ国家の建国のための資金は、麻薬密売によって生み出されていた。

日本国家の建国のための資金も、麻薬密売によって生み出されていた。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、3月号(2012年)、


「日本政府の持つ麻薬利権は、ホワイトハウスの深部に通じている」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 06:16 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界経済の破壊を目指す、ヘッジファンド


金融恐慌=世界経済の破壊を目指す、

ヘッジファンドの実態。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、12月号(2015年)、


「ヘッジファンド経営者達の、狂気」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 06:15 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカは、アメリカによる世界支配体制を崩壊させる計画を推進している


 長年、米国中央銀行FRBのトップ=議長を務めてきたアラン・グリーンスパンは、繰り返し、サウジアラビア等の産油国の通貨とドルとの連携制度=ドル・ペッグ制度の廃止を主張した。

借金漬けである米国のドルは、原油取引の支払いにドルが使われ、ドル=原油のリンク体制を取る事で、唯一、暴落を免れて来た。

ドルは原油によって、支えられてきた。

そのドルと原油の関係を「断絶」させ、米国金融界の「大御所」が、ドルを崩壊させよ、と公言した事になる。

グリーンスパンは、銀行ベア・スターンズの経営者でもあった。

この銀行は、グリーンスパンの発言=ドル・ペッグ制度の廃止宣言によってドルが下落する事を見込み、ドルの先物を売り莫大な利益を上げた。

これは、米国中央銀行FRBのトップ自身がドル体勢の崩壊を演出する、「自作自演」の典型例となっている。
posted by 00 at 06:14 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする