ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2015年11月13日

北朝鮮のボスは、CIA


「北朝鮮のボスは、CIA」

「ドイツのナチス勢力が、現在の世界不況・画策の犯人」


詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、臨時増刊・第4号、

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 07:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本が見習うべき、軍事力を使わない、アメリカの戦略


中国軍の南シナ海での、軍事行動を抑えている、

アメリカの、「軍事力を使わない、ソフト戦略」。

日本が見習うべき、軍事力を使わない、アメリカの戦略。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、11月号(2015年)、


「南シナ海での、アメリカ VS 中国の対立の影で」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 07:16 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国軍と、自衛隊


韓国軍と、自衛隊の間にある、

敵対・協力関係。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、11月号(2015年)、


「韓国軍と、自衛隊」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 07:15 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍政権の進める、集団的自衛権の行使等、必要がない理由


 尖閣諸島の警護は、アメリカ国防総省・ぺンタゴンの高官の「経営」する警備会社=傭兵に依頼する事が良策となる。

「仕事の受注」によって、ペンタゴンは喜ぶであろう。

この傭兵=警備員は、元・米海軍・陸軍の兵士であり、アメリカ市民である。

中国軍との軍事衝突が起これば、米軍は「アメリカ市民を救出する=尖閣諸島防衛に米軍を派遣する急務が出てくる」政治構図を準備しておく必要がある。

この「傭兵会社」は、在沖縄の米軍に雇用されている傭兵会社、台湾政府に雇用されている傭兵会社と「同一」である必要がある。

尖閣諸島で衝突が起これば、傭兵会社は「我が社の社員を守るため」、アメリカ政府の許可を得ず、即座に沖縄・台湾の「余剰人員」を派兵してくる事となる。

これは民間企業が「勝手に行った」のであり、議会の派兵承認決議(海兵隊以外)を要する正規軍の愚鈍な動きの欠陥をクリアする事となる。

尖閣諸島に米軍を常駐させる事は無理である以上、「民間を活用し」、台湾・沖縄・尖閣諸島の事実上の米軍を使った防衛ラインが、形成可能となる。

東京都のような官公庁は官舎の警備を民間警備会社に委託している。

尖閣諸島の警備を、アメリカの民間「警備会社」に依頼しても何ら問題は発生しない。民間サービス事業の自由貿易=海外委託であり、TPP・自由貿易を沿った政策となる。

アメリカの民間「警備会社」に委託する事によって、日本と米国との集団的自衛権の行使等、必要がない事になる。
posted by 00 at 07:14 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。