ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2015年09月13日

ヘッジファンドのエジキになる、アベノミクス


「官僚天国・日本」

「毎朝行われる、CIA長官によるアメリカ大統領への、レクチャー」

「ロシア・プーチン大統領が日本政府に差し向けた、密使」

「ヘッジファンドのエジキになる、アベノミクス」

「米軍に略奪された天皇家の財産の、行方」


詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、9月号(2015年)、

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 18:47 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮による拉致被害の、本当の犯人は北朝鮮ではなかった


北朝鮮による拉致被害の、

本当の犯人は北朝鮮ではなく、某国であった。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、9月号(2015年)、


「北朝鮮による拉致被害の、本当の犯人は北朝鮮ではなかった」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 18:45 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不要な、集団的自衛権の行使


軍事力を使わず、

日本を守るため、使う事のできる戦略は、無数に存在している。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、9月号(2015年)、


「日本を守るために、本当に必要な戦略」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 18:43 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

在日米軍基地の、本当の所有者


在日米軍基地の、土地の「登記簿」の名義人=基地の本当の所有者は、

なぜアメリカの某マフィア組織であるのか。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2010年)、


「オバマ大統領の出身母体は、戦後一貫して日本を支配して来た支配者であった」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 18:41 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9・11テロ 死んだはずのテロリストは生きている


 9・11テロで、世界貿易センタービルに激突した旅客機のパイロットとして、米国政府が自爆テロ犯人として死亡と公表したサイード・アルガムディが、「生きたまま」、写真週刊誌「フラッシュ」2006年6月20日号に登場していた事を記憶している者は多い。

サイードは、「私は自爆テロで死んでもいないし9・11のテロの旅客機にも乗っていない。乗っていれば死んでいたはずであり、米国政府は私が自爆テロで死んだと公表している。しかし私はこうして生きている。私が犯人だと言うのなら、なぜ米国政府は私を逮捕しないのか」と怒って発言している。

世界貿易センタービルに激突したのは、爆弾を積んだ遠隔操作の米軍軍用機であり、この自動操縦機はチェイニー副大統領の経営する軍事産業レイ・セオン社が製造し、米国政府に「納入」した兵器である。

無人飛行機であったため、チェイニーとブッシュはパイロットを「作り上げ」、ビン・ラディンのテロとデマ宣伝を行った。

ブッシュ政権が9・11テロ犯人と名指ししたサイードは、米国に逮捕もされず、チュニジア航空のパイロットとして今日も安全に空を飛んでいる。

9・11テロ等は米国政府による「イラク戦争を行い、アメリカ軍事産業に金モウケさせ、景気回復を行うための作り話」であった。
posted by 00 at 18:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする