ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2015年07月06日

日本政府の持つ麻薬利権は、ホワイトハウスの深部に通じている


アメリカの建国費用は、麻薬密売によって捻出された。

この密売を担った会社関係者が、

現在もホワイトハウスを支配し、

日本政府の内部にも、強い発言権を持って、存在し続けている。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、2月号(2012年)、


「日本政府の持つ麻薬利権は、ホワイトハウスの深部に通じている」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 09:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナッツリターン事件の、深層


大韓航空機の、女性副社長が、

袋入りで出されたナッツに激怒し、

航空機を出発空港に、強制的に戻させたナッツリターン事件、

マスコミが報道しない、その深層。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2015年)、


「ナッツリターン事件の、深層」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 09:09 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシアの国家破産の、次に起こる事


まだ始まったばかりの、ヨーロッパ金融危機。

ギリシアの国家破産の、次に起こる事。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2015年)、


「ギリシアの国家破産の、次に起こる事」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 09:08 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトバンク、その危険な経営実態


「中国空軍、その実力の実態」

「日本政府が知らない、北朝鮮の対日戦略」

「ソフトバンク、その危険な経営実態」

「郵政民営化、水道事業の民営化の、カラクリ」


詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2015年)、

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 09:06 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシア金融危機の、「正体」


 1ドル100円でドルを購入し、

アベノミクスによって円安を演出し、1ドル120円でドルを売却する事によって20%の利益が得られる。

通貨安=通貨危機は、暴利の源泉となる。

1980年代、倒産する危険性の高い企業の発行する、高利回りの債券=ジャンクボンドを発行し続け、

最終的に経営破たんした銀行ドレクセル・バーナム・ランベール。

ジャンクボンドに1万ドル投資した市民は、ボンドの紙クズ化によって1万ドルを失い、

ボンドの発行元は会社を倒産させ、1万ドルを「持ち去った=持ち逃げした」。

経営破たんは、暴利の源泉となる。

ギリシア危機=ギリシア国家の経営破たんの危機によって、ユーロ通貨安が続いている。

経営破たんと通貨安は、暴利の源泉となる。

破たんしたドレクセル・バーナム・ランベールから、ランベール銀行だけは独立し生き残り、

ユーロの発行元であるEUは、発足当時、その本部をランベールの社内に置いていた。

経営破たんと通貨安で、暴利を得てきた銀行が、ギリシア国家の経営破たんとユーロ通貨安の「演出者」となっている。
posted by 00 at 09:05 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする