ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2015年07月16日

毎年、繰り返される日航ジャンボ機墜落事故の犠牲者への追悼の影に「隠されている事」


 毎年、繰り返される日航ジャンボ機墜落事故の犠牲者への追悼の儀式。

1985年8月12日に起こった、日航ジャンボ機墜落事故に関しては、旅客機の機器の故障説やエンジントラブル等、諸説の原因が言われ、日航側は既に死者への賠償に応じている。

現在、日本、韓国、ハワイ、グアムに駐留する米軍基地内で、米軍の機関誌として読まれている「パシフィック・スターズ・アンド・ストライプス」という雑誌の85年8月27日号には以下の内容の記事が掲載されている。日航ジャンボ機墜落事故から、わずかに2週間後の発行日付である。



 「日航ジャンボ機墜落事故当時、横田基地に配属されていた米空軍の輸送機U130のパイロット、マイケル・アントヌッチ中尉は以下のように証言する。

『事故当日、空中戦の演習を行っていた米軍練習用戦闘機から事故が起こったとの緊急無線が入り、一番近くを飛行していた私のU130輸送機が事故現場へ救出のため急行した。

いつものようにアメリカ空軍の練習用戦闘機が、日本の民間旅客機をターゲットにミサイル発射のシミュレーション演習を行っていた所、安全装置が解除されている事に気付かず、実弾ミサイルを日航ジャンボ機に命中させてしまった、というのが無線の第一報の内容だった。』 

この空軍中尉マイケル・アントヌッチは、日本政府から奇妙な事に『緊急の救助のために現場に行かなかった事、第一報の無線も聞かなかったと発言するよう要請された』と語っている。」


 この現役アメリカ空軍中尉の証言は、米軍機が「動く格好のターゲットである日本の民間旅客機」、つまり日本人をターゲットに日常的に「撃墜演習」を行っている事実を示している。

これが、日本に米軍基地がある、という事の意味である。

なお、日航ジャンボ機を撃墜した米軍戦闘機のパイロットが、事故ではなく、「何者かの命令によって」意図的に、ミサイルの発射安全装置を外していたのか、どうかは、「闇の中」であるが、このパイロットは事故の責任を取り処罰される事は無く、その後「不思議な事に、順調に昇進」している。
posted by 00 at 05:51 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

日航ジャンボ機・墜落事故の真相と、洗脳されたままのロボット=日本人


 毎年、夏になると、日航ジャンボ機の墜落事故の、追悼式が行われる。

この事故の原因は、エンジントラブルでも、計器の故障でもなく、

米軍戦闘機による、誤射であり、日航ジャンボ機は、ミサイルによって撃墜されている。

「事故と妄信させられている」、圧倒的多数の日本人は、米軍によるマスコミを通じた、「洗脳の下にある、ロボット」でしかない。

この誤射を「意図的に発生させた」原因は、業転と呼ばれる先物取引である。

この先物取引の世界が、世界のアンダーグランド・マーケットとなり、

マスコミが報道できない、

銀行リーマン・ブラザースの倒産、ギリシア金融危機等の経済事件の、「深い闇」部分を形成している。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信・1月号(2011年)。


「100年後、世界の中心地点となる、ウイグルに、本部を移動させ終えた、アメリカ国防総省・ペンタゴン」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 20:20 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシアの国家破産の、次に起こる事


「ギリシアの国家破産の、次に起こる事」

「ナッツリターン事件の、深層」

「安倍首相に、集団的自衛権の行使を命じる者達」

「アメリカ次期・大統領選挙」

「米国国防総省・ペンタゴンの開発した、市民に対する、新しい盗聴技術」


詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2015年)、

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 20:17 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アベノミクスを影から支配する、米国マフィアの面々


安倍首相の政治資金源と、

アメリカ政界を支配する、マフィア組織との関係。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2015年)、


「アベノミクスを影から支配する、米国マフィアの面々」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 20:15 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

ギリシアに続き、EUの某国で始まった金融危機


ギリシアの金融危機は、まだ始まったばかりであり、

EUの某国では、銀行の破綻が始まっている。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、3月号(2012年)、


「欧州で起こり始めた、静かな崩壊」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 15:42 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年の、アメリカ次期・大統領選挙


2016年、行われるアメリカ次期・大統領選挙、

事実上の世界の支配者を選ぶ、この選挙を左右する出来事。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2015年)、


「アメリカ次期・大統領選挙を左右する、出来事」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 15:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国の企業経営の実態=隣国の経済危機の深層


大韓航空機の、女性副社長が、

袋入りで出されたナッツに激怒し、

航空機を出発空港に、強制的に戻させたナッツリターン事件、

そこに見る、韓国の企業経営の実態=隣国の経済危機の深層。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2015年)、


「ナッツリターン事件の、深層」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 15:38 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

安倍首相に、集団的自衛権の行使を命じる者達


安倍首相に、集団的自衛権の行使を命じている、

アメリカ政府内部の黒幕の正体。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2015年)、


「安倍首相に、集団的自衛権の行使を命じる者達」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 03:20 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国国防総省・ペンタゴンの開発した、市民に対する、新しい盗聴技術


米国国防総省・ペンタゴンは、どのようにして、

日本人の携帯電話を盗聴しているのか。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2015年)、


「米国国防総省・ペンタゴンの開発した、市民に対する、新しい盗聴技術」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 03:19 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

日本政府の持つ麻薬利権は、ホワイトハウスの深部に通じている


アメリカの建国費用は、麻薬密売によって捻出された。

この密売を担った会社関係者が、

現在もホワイトハウスを支配し、

日本政府の内部にも、強い発言権を持って、存在し続けている。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、2月号(2012年)、


「日本政府の持つ麻薬利権は、ホワイトハウスの深部に通じている」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 09:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナッツリターン事件の、深層


大韓航空機の、女性副社長が、

袋入りで出されたナッツに激怒し、

航空機を出発空港に、強制的に戻させたナッツリターン事件、

マスコミが報道しない、その深層。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2015年)、


「ナッツリターン事件の、深層」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 09:09 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシアの国家破産の、次に起こる事


まだ始まったばかりの、ヨーロッパ金融危機。

ギリシアの国家破産の、次に起こる事。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2015年)、


「ギリシアの国家破産の、次に起こる事」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 09:08 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトバンク、その危険な経営実態


「中国空軍、その実力の実態」

「日本政府が知らない、北朝鮮の対日戦略」

「ソフトバンク、その危険な経営実態」

「郵政民営化、水道事業の民営化の、カラクリ」


詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2015年)、

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 09:06 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシア金融危機の、「正体」


 1ドル100円でドルを購入し、

アベノミクスによって円安を演出し、1ドル120円でドルを売却する事によって20%の利益が得られる。

通貨安=通貨危機は、暴利の源泉となる。

1980年代、倒産する危険性の高い企業の発行する、高利回りの債券=ジャンクボンドを発行し続け、

最終的に経営破たんした銀行ドレクセル・バーナム・ランベール。

ジャンクボンドに1万ドル投資した市民は、ボンドの紙クズ化によって1万ドルを失い、

ボンドの発行元は会社を倒産させ、1万ドルを「持ち去った=持ち逃げした」。

経営破たんは、暴利の源泉となる。

ギリシア危機=ギリシア国家の経営破たんの危機によって、ユーロ通貨安が続いている。

経営破たんと通貨安は、暴利の源泉となる。

破たんしたドレクセル・バーナム・ランベールから、ランベール銀行だけは独立し生き残り、

ユーロの発行元であるEUは、発足当時、その本部をランベールの社内に置いていた。

経営破たんと通貨安で、暴利を得てきた銀行が、ギリシア国家の経営破たんとユーロ通貨安の「演出者」となっている。
posted by 00 at 09:05 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

北朝鮮・中国、崩壊後の世界


遠くない将来、

北朝鮮・中国政府は、崩壊する。

その崩壊を見すえ、日本が準備しておくべきアジア・極東戦略。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、6月号(2015年)、


「北朝鮮・中国が崩壊した後の、世界」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 04:41 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郵政民営化、水道事業の民営化の、カラクリ


民営化され続ける、日本の水道事業。

この民営化と、米軍との「関係」。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2015年)、


「郵政民営化、水道事業の民営化の、カラクリ」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 04:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国・自由貿易の行く末に、日本の無残な未来が見える・・・竹島問題の解決策


ホワイトハウスが採用し始めた、

中国・韓国経済の、「破壊戦略」。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、2月号(2012年)、


「韓国・自由貿易の行く末に、日本の無残な未来が見える・・・竹島問題の解決策」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 04:38 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする