ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2015年04月15日

アメリカ次期・大統領候補=ヒラリー・クリントンの、危険性


第二次世界大戦中、広島・長崎への原爆投下を実行し、

東京大空襲を実行した、指揮官ウィリアム・ドレイパーjrの経営する企業、

その企業を、「支持母体」とするヒラリー・クリントンが、

次期大統領選挙に出馬する。

その日本にとっての、危険性。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、4月号(2015年)、


「世界を支配する、マフィア組織の実像(中) 」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 07:47 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人種差別企業から、献金を受けるアメリカ次期・大統領候補


かつて南アフリカでは、アパルトヘイトと呼ばれる、

黒人奴隷体制=差別体制が、敷かれていた。

このアパルトヘイト体制を作り上げた企業が、

なぜアメリカ次期・大統領候補=ヒラリー・クリントンの支持母体となっているのか。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、4月号(2015年)、


「世界を支配する、マフィア組織の実像(中) 」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 07:46 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダーティな「土地転がしビジネス」を行ってきた企業の実名


日本の某企業は、かねてから新幹線の建設予定地を、

自民党の国会議員から、聞き出し、

予定地の土地を一坪3000円で購入、

旧国鉄=JRと日本政府に、一坪9万円で売り付け、

30倍=年率3000%の高配当の投資を行ってきた。

このダーティな「土地転がしビジネス」を行ってきた企業の実名と、

福島・原子力発電所事故との、深い関係。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、1月号(2012年)、


「日本が原子力発電・大国となった、本当の理由」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 07:44 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犯罪者でなければ、アメリカ大統領・候補にはなれない


危険性が高く、販売を禁止されてきた「薬品」を、

それが危険である事を知らない、アフリカの某国をダマシ、販売し続けてきた人物が、

次期・アメリカ大統領候補となっている。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、1月号(2012年)、


「無実の一般市民を1400人虐殺すると、ノーベル平和賞が授与される」

申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。

同時に、必ず、megafinancecp@yahoo.co.jp へ直接、購読申し込みとメール送信して下さい。



*・・・docomo の携帯電話で多発しておりますが、申し込み直後に自動返信メールが届かない場合には申し込みが当事務局に到着しておりません。アドレスの誤記入、または着信拒否設定が原因となっています。以下の当事務局アドレスに正しいアドレスを御一報ください。または以下のアドレスの受信許可設定、着信拒否設定の解除をお願いいたします。

megafinancecp@live.jp

megafinancecp@yahoo.co.jp

posted by 00 at 07:43 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オバマ政権の、外交政策の本質


 古くからアジアを支配し、フィリピンを植民地として来た米国は、セオドア・ルーズベルト時代に、フィリピン総督=植民地支配の総責任者として、フォーブス一族を「指名」した。

フォーブス一族は、「アジアの支配者」として、米国に反旗を翻す勢力の監視のため、情報収集網を張り巡らせ、

アメリカによる支配=キリスト教徒による支配を「正当化」するため、

フィリピン人にキリスト教への改宗を強制した。

改宗を拒んだ者は、銃殺刑に処された。

フォーブス一族がフィリピンの支配体勢を確立し、

その「礎石」の上に、第二次世界大戦中、フィリピンにアジア極東への攻撃指揮所が作られ、

日本の広島・長崎への原爆投下、東京大空襲の指揮官がフィリピンで作戦を練り上げ、日本人への大量虐殺を実行に移した。

ここには日本等、アジア全域で取材と活動を続ける、雑誌フォーブスの記者、元記者達の「情報操作者としての本質」が現れている。

オバマ政権のジョン・フォーブス・ケリー国務長官の、日本・中国に対する「本音と正体」を警戒をもって見抜かなければならない。

posted by 00 at 07:41 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする