ページトップに、最新記事が表示されていないケースがあります。右側の記事一覧から最新の日付の記事のタイトルをクリックして下さい。

2020年10月26日

脱税を勧める、悪徳・会計事務所アクセンチュアの実態

メールマガジン版オルタナティブ通信144、145号。

「竹島問題で、何よりも冷静にならなければならない日本、そして韓国」

「企業の会計処理の本質は、脱税である」

申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 16:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

ゴールドマンサックスの、悪事の数々

メールマガジン版オルタナティブ通信146号。

「世界史を動かし続けてきた、金融投機屋の一族」

申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 16:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

中国海軍の、尖閣諸島上陸作戦図

メールマガジン版オルタナティブ通信147号。

「遺伝子組換え技術の、最終目的」

「中国海軍の、尖閣諸島上陸作戦図」

申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 16:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国でクーデターを準備する傭兵部隊

 米国CIA職員と、シークレット・サービス、米軍の将校クラスの軍人全ては、子供、老人に対しても憐れみの情を持たずに、平然と殺害が出来るように、マインド・コントロール訓練を受けている。

これは「命令通り」誰でも平然と殺害できる、感情の無い「殺人ロボット」となる訓練である。

このマインド・コントロール訓練所は、ノースカロライナ州の、米軍グリーンズボロ訓練センター内にある。

現在、この施設で、兵士等のマインド・コントロール訓練を指揮しているのは、ロシア人のイーゴリ・スミルノフ博士である。

 元々、マインド・コントロール技術の世界的中心地はロシアであり、ロシア軍直系のモスクワ・メディカル・アカデミーと、ロシア精神矯正研究所が、世界的に最先端のマインド・コントロール技術の研究・実験場として活動を行って来た。

この2つの研究所の中心人物が、イーゴリ・スミルノフ博士である。

イーゴリ・スミルノフ博士が、冷戦中から、米国・ロシアの軍事施設の両方で、マインド・コントロール技術の教育・訓練を行って来た事は、米国VSソ連(ロシア)という冷戦が、全くの「捏造話」であった事を明確に示している。

また、この事実は、現在の米軍とロシア軍の、水面下での一体化を、明確に示している。

 ロスチャイルド=ロックフェラー直属の米国内クーデター部隊として、ズビグニュー・ブレジンスキーによって創立されたFEMAの傭兵達は、現在、イーゴリ・スミルノフ博士による、この「誰でも平然と殺害できる」訓練を受けている。

次期大統領?バラク・オバマのブレーン=ブレジンスキーは、米国議会、大統領、裁判所等、政府機関全ての「権限を停止」し、ロスチャイルド直属のFEMA部隊に政府の全権限を集中させる、クーデター計画を練り上げて来た。

ロスチャイルドによって意図的に作り出される株式暴落、サブプライム問題等の金融恐慌。9.11テロのような「米国政府による自作自演」の大規模テロ。こうした「緊急事態」を管理するため「戒厳令体制」を敷く、と称して、FEMAを使い、ロスチャイルド世界帝国の中枢コントロール・タワーを一気呵成に形成する戦略である。

現在、このFEMA部隊には、モスクワ・メディカル・アカデミーと、ロシア精神矯正研究所から派遣された、ロシア人傭兵そのものが、多数所属している。

クーデターの際、米国人兵士では、同じ米国人を殺害する事に、「ためらい」を見せる可能性がある。

しかし、ロシア人傭兵であれば、何の感情も無く、米国人を殺害できるため、FEMAの中心はロシア人傭兵で占められている。
posted by 00 at 16:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

米軍の新アジア戦略

メールマガジン版オルタナティブ通信148号。

「日本国家を無能化させている、元凶」

「沖縄へのオスプレイ配備に隠された、米軍の新アジア戦略」

申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

自民党総裁選挙の、舞台裏

メールマガジン版オルタナティブ通信149号。

「素手で戦闘機と闘おうとする、日本政界の非常識」

「アメリカ共和党・大統領候補ロムニーの正体」

「自民党総裁選挙の、舞台裏」

「日本国民の脱原発の悲願を無視し、原発拡大に走る悪代官=日本財界の戦略」

申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

中国共産党政権は、どのようにして崩壊して行くか

メールマガジン版オルタナティブ通信150号。

「中国共産党政権は、どのようにして崩壊して行くか」

「円高によって企業が海外移転して行くのを止めるための手法」

「実録・日本軍最強の、スパイ組織」

「第二次世界大戦中の日本軍スパイ組織が、ネット上で復活・戦闘行為を開始している」

申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

福島原子力発電所・事故によって、日本に放射能を、マキ散らした責任者達

メールマガジン版オルタナティブ通信151号。

「福島原子力発電所・事故によって、日本に放射能を、マキ散らした責任者達」

申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

繰り返される米軍兵士による日本人女性の強姦は、法律が、それを許可している

メールマガジン版オルタナティブ通信152号。

「繰り返される米軍兵士による日本人女性の強姦は、法律が、それを許可している」

「原発・再稼動を、民主党・国会議員達に脅迫の末、飲ませた一族」

申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 15:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

アメリカに逆らい、殺害=消された日本政府高官達

メールマガジン版オルタナティブ通信153号。

「習近平の覇権・・・尖閣諸島問題で日本への攻勢を強める理由」

「国際金融市場のフィクション」

「アメリカに逆らい、殺害=消された日本政府高官達」

「中国共産党政府の、日本経済乗っ取り戦略」

申し込みは、以下にメールにて。

megafinancecp@live.jp
posted by 00 at 16:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする